あなたにピッタリの【ネット銀行】がわかる! 相性抜群の1社はこう選べ<後編>

あなたにピッタリのネット銀行がわかる! [拡大する]

あなたにピッタリのネット銀行がわかる!

 金利の高さや手数料無料などで一気に普及した「ネット銀行」。各社独自サービスを提供していることもあり、ユーザー視点でどう選ぶと“お得”なのかを前後編に分けて、紹介している。

 前編(関連リンク参照)では、ヤフオク!利用者にお得な「ジャパンネット銀行」、破格の金利と人気の電子マネーカード「au WALLET」との相性がいい「じぶん銀行」などを取り上げた。今回は後編として、新生銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、スルガ銀行ANA支店をお届けする。

■預貯金が多い人には……【新生銀行】

 新生銀行には、預金などの利用や取引状況に応じてサービスの内容が変わる『新生ステップアッププログラム』が用意されている。具体的には「新生スタンダード」「新生ゴールド」「新生プラチナ」という3つのステージに分かれており、一定の条件を満たすと、他行宛て振込手数料が無料になったり、定期預金金利が優遇されたりする。

◆各ステージのおもな条件(いずれか一つの条件を満たせばOK)
「新生プラチナ」
・預け入れ総資産の月間平均残高が2,000万円以上
・所定の投資商品の月琴平均残高が300万円以上
・住宅ローンの利用

「新生ゴールド」
・預け入れ総資産の月間平均残高が200万円以上
・所定の投資商品の月間平均残高が30万円以上
・普通預金、2週間満期預金の月間平均残高が100万円以上

「新生スタンダード」
・「新生プラチナ」「新生ゴールド」以外の方

「新生プラチナ」の条件はなかなかハードルが高いが、「新生ゴールド」であれば、条件を満たすのもそう難しくはないだろう。資産が多い場合は、このプログラムを利用するとメリットが大きいといえる。なお、いずれのステージでもATM利用手数料は無料だ。

■株取引をするなら……【住信SBIネット銀行】

 住信SBIネット銀行の「SBIハイブリッド預金」は、住信SBIネット銀行と同じグループに所属する証券会社、SBI証券での取引きと連携できる普通預金。利用には、住信SBIネット銀行とSBI証券の口座を両方開設する必要があるが、とくに株取引をしている場合は、利便性と金利面で利用価値の高いサービスといえる。

 「SBIハイブリッド預金」の特徴の一つは、金利のよさと毎月利払である点。通常の普通預金金利が0.02%なのに対し、ハイブリッド預金の金利は0.08%と有利に設定されているほか、「毎月利払」により毎月利息を受け取れる。

 もう一つの特徴が、SBI証券の取り引きに使える点だ。SBIハイブリッド預金の残高は、SBI証券での株式の買付代金や、信用取引の委託証拠金にも充当可能。充当は自動で反映されるので、入出金の手間がかからない。

■楽天グループのサービスをよく利用するなら……【楽天銀行】

 楽天市場をはじめ、生活のあらゆるシーンでお世話になることが多い楽天グループ。その一員である楽天銀行には、各サービスで利用できる「楽天スーパーポイント」を貯められる「ハッピープログラム」がある。

 ハッピープログラムは、毎月の口座預金残高等に応じて決まる会員ステージがあり、「ビギナー」「スタンダード」「プレミアム」「VIP」「スーパーVIP」の5段階制。口座を開設してエントリーすれば、参加可能となる。会員ステージが上がると、1ヶ月あたりのATM手数料が無料になる回数が増えたり、給与や年金受け取り、口座振替などの利用で獲得できる楽天ポイント数がアップしたりする。

 こちらも、楽天グループを利用する機会が多いのであれば、利用しない手はないだろう。

■ANAのマイルを貯めているなら……【スルガ銀行ANA支店】

 銀行取引の利用でマイルが貯まる。そんなサービスを提供しているのが、スルガ銀行ANA支店。その名の通り、ANAのマイルを貯めているならぜひ利用したいネット銀行だ。

 給与支払口座への指定で毎月50マイル、クレジットカードなどの引き落とし口座への指定で1件あたり10マイルなど、取引内容に応じてマイルが貯まる。そのほかにも、マイル付き定期預金、マイル付き外貨定期預金、マイル付きダイレクト投資信託など、マイルがもらえる商品を多数そろえる。

 銀行の利用が次の旅につながる独自のサービスといえるだろう。

 以上、主なネット銀行の独自サービスを紹介した。各銀行ともに個性豊かなサービスを提供していることがわかる。どの銀行を利用すればよいかは、まさに人それぞれ。あなたのライフスタイルに合わせて、メリットの大きい銀行を選んでみてほしい。

>> 「手数料」の満足度で選ばれた【ネット銀行】ランキング

>> 「10代・20代」に人気の【ネット銀行】ランキング

記事/ 株式会社マイト


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。