ローン借り換えは「ネット銀行」が便利!? メリットも紹介

住宅ローンの借り換えに「ネット銀行」が選ばれる理由とは?  [拡大する]

住宅ローンの借り換えに「ネット銀行」が選ばれる理由とは? 

 世界的な低金利となっている昨今、新しい住宅ローンに借り換えすることでお得になるケースがある。借り換えは、現在残っているローン分の金額を新しく借りて、前のローンを完済し、新しく借りた金融機関に返済するというものだ。ローンを組んだ時よりも金利が低くなっているのであれば、総支払額を低く抑えられる可能性は十分ある。

■借り換えをする意味

 借り換えとは、現在残っているローン分の金額を借金して完済し、その後は新しく借りた金融機関に返済をするという“テクニック”。「ローンを組んだ時よりも金利が低くなっている」「収入が上がって早く返済できるようになった」という場合は、借り換えを行うことで総支払額を減らせることもできる。

 保険は同じプランに加入し続けることで得をすることが多いが、ローンは異なる。今は世界的な低金利時代であり、金利が高いときに組んだローンを支払い続けるよりも、借り換えを行って高金利のローンを一旦完済し、新しく低金利のローンを組んで返す方がほとんどのケースにおいてオトクになるのだ。

 数千万円単位の住宅ローンからすれば、数百万円から数十万円が安くなったとしてもあまり実感が沸かないかもしれない。だが、年金に頼れない今、節約は老後の安心へとつながるので、数十万円であっても節約できるのでれば、借り換えしておくべきだろう。

■「ネット銀行」が選ばれる理由

 近年、ネット銀行の借り換えが注目されている。ネット銀行が選ばれる理由は、とにかく「低金利」であること。店舗を最小限にしてコストを削減し、そのぶん金利を低く設定しているだ。店舗型の銀行から借り換えをすれば、より住宅ローンの負担が軽くなる。金利が高い時代にローンを組んだまま、ずっと変更していないという人は、公式サイトなどにあるシミュレーターで計算してみるといいだろう。無料で使える便利ツールで、ローン残高やボーナス時の返済額などを入力するだけで「いくらお得になるのか」「手数料はいくら掛かるのか」などが計算できる。

 また、ネット銀行の魅力はそれだけではない。ネット銀行はネット上でサービスを行っているため、店舗へわざわざ行く必要がない。資料の請求はもちろん、審査や契約まで、最初から最後までネットで完結するので、忙しい人にも向いているといえるのだ。

■店舗で相談することも可能

 借り換えをしたとしても、100%総支払額が減るわけではない。ローンを組んだ時の金利やローン残高、完済までの残り年数によってはほとんど変わらないこともある。

 メールや電話で相談することもできるが、面と向かってじっくりと話したい場合は、ネット銀行の実店舗へ行ってみるのも手だ。銀行によっては、予約制を採用しているところもあるので、事前に電話相談をしておくと安心だろう。

 同じ借り換えでも店舗によって金利やプランが変わるので、契約の際にはなるべく複数の銀行を比較検討してみることも大事だろう。

>> 【ネット銀行】利用者1万1861人が選んだ!「手数料」満足度ランキング

>> 住宅ローン「借換え」のより良い選び方とは?


オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。