住信SBIネット銀行をかたるフィッシングメールに注意

 住信SBIネット銀行およびフィッシング対策協議会は7日、住信SBIネット銀行をかたるフィッシングメールが出回っていると発表した。不審なメールはユーザーネームやログインパスワード、取引パスワード、認証番号表を盗み取ろうとするもので、同行では「当社から電子メールで上記のお客さまの情報を照会することはありません」と注意呼び掛けている。

 同行顧客に限らず不特定多数に不審なメールが送信されているとの情報が寄せられているという。

 銀行をかたるフィッシング事例は今年に入ってからゆうちょ銀行、新生銀行、大和ネクスト銀行、三井住友銀行があり、同行で5件目。協議会は「類似のフィッシングサイトが公開される可能性がある」として引き続き警戒をうながしている。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。