NEC『VALUESTAR』『LaVie』新商品 TV機能強化・スマホ・タブレットとの連携も

 NECは8日、家庭用PC『VALUESTAR』『LaVie』シリーズ7タイプ45モデルを10日より順次発売すると発表した。デスクトップモデルの「VALUESTAR W」、ノートモデルの「LaVie L」、「LaVie S」の3タイプはフルモデルチェンジ。また、TVソリューションの「SmartVision」を強化し、スマートフォンやタブレット端末と連携し録画番組を転送できるようにした。

 デスクトップモデルの最上位機「VALUESTAR W」では電源を入れて約2秒でテレビが視聴できるうえ、そのまま録画予約もできる「ぱっと観テレビ」機能を搭載。地上デジタル放送のほかBS、CSも視聴ができ、番組表表示や録画予約なども可能にすることで家電テレビ並みの機能を備えた。

 また、テレビチューナの付いていないないモデルでも番組放送が楽しめるソフト「SmartVision/PLAYER」をリリース。パソコン内の録画番組をスマートフォンに自動転送する「外でもVIDEOワイヤレス」や、「SmartVision」に録画した番組をDTCP-IP対応スマートフォンやタブレットにストリーミング配信する機能を用意し、“テレビPC”としての機能を強化する。

 一新された「LaVie L」はフラットパネルと従来比で約5.5mm薄くなったボディが特徴。消費電力効率に優れた第3世代 インテルCoreプロセッサーを採用し、バッテリ駆動時間約4.5時間を達成した。薄さ約29.5mmのスリムデザインが特徴の「LaVie S」は従来比で約3倍となる約9時間のバッテリ駆動時間を実現している。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。