ネットユーザー、4年後には34億人に〜米シスコ調査

米国シスコが2016年の全世界のインターネットユーザー数が34億人になるとの予測を発表 [拡大する]

米国シスコが2016年の全世界のインターネットユーザー数が34億人になるとの予測を発表

 米ネットワーク機器大手のシスコは11日、2016年の全世界のインターネットユーザー数が34億人になるとの予測を発表した。この数字は国連による世界推定人口の約45%に相当する。また、同社は16年にはネットワーク接続デバイス数が189 億台近くに達し、「世界のすべての人が一人当たりほぼ2.5台のデバイスを接続する」と予測している。

 4年後の16年にネットユーザー数がもっとも多いエリアはアジア太平洋地域。また、同年までに中東・アフリカ地域、中南米でIPトラフィック量が急速に増加するとしており、国別でみるとインドがもっとも急激に増加し、ブラジル、南アフリカが続くと予想した。

 また、モバイルデバイスの普及もさらに進み、世界のコンシューマ向けモバイルユーザ数は、11年の37億人から16年には45億人に増加すると分析しており、「16年には世界のIPトラフィックの半分以上がWi-Fi接続によるものになる」とみている。

 同調査は世界の企業や個人ユーザーによるIPトラフィックの増加とトレンドの予測や分析を行う年次調査『Cisco Visual Networking Index』の今年度の結果で明らかになったもの。今回の調査は2011年から2016年までの期間を対象としている。


Oricon CS Ranking

保険関連ランキング

マネー関連ランキング

通信関連ランキング

生活関連ランキング

ショッピング関連ランキング

トラベル関連ランキング

住宅関連ランキング

受験関連ランキング

転職関連ランキング

美容関連ランキング

法人向けサービス関連ランキング

CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。