選択肢によって異なる結末が! 『LINE』小説コンテンツ「トークノベル」登場

「トークノベル」使用画面  短いテキストや画像をシーンによって異なる速さで配信するなど“LINEらしい”演出も [拡大する]

「トークノベル」使用画面  短いテキストや画像をシーンによって異なる速さで配信するなど“LINEらしい”演出も

 無料通話・メールアプリ『LINE』を運営するNHN Japanは26日、アプリ上で小説が読めるコンテンツ「トークノベル」を新たに追加したと発表した。「トークノベル」は従来のケータイ小説とは異なり、ユーザーが選んだ選択肢によってストーリーが分岐。短いテキストや画像をシーンによって異なる速さで配信するなど、“LINEならでは”の演出を加えている。

 同コンテンツは、現在提供している「LINEニュース」、「LINEお天気」と同様の自動プログラムによる情報配信アカウント。利用方法は「友だち追加」から「公式」をタップし、「トークノベル」を選択すれば誰でも利用することが出来る。現在、第1弾作品が無料公開されているが、同社は今後有料コンテンツの配信も検討していくという。

 『LINE』は昨年6月よりサービスを開始。今年6月時点で登録ユーザーは世界231ヶ国4000万人、国内1800万人を突破。今月14日には新たに香港・台湾・タイ向け有名人公式アカウント、18日にはローソンやすき家など企業のアカウントによるサービスも開始している。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。