楽天の電子書店、コンテンツ続々登場

 楽天が19日に発売した電子ブックリーダー「kobo Touch(コボタッチ)」の書籍購入先「koboイーブックストア」に、出版各社が続々と電子書籍コンテンツを提供している。同ストアには現在約240万冊の用意があるが、国内コンテンツは3万冊弱。今後、国内コンテンツ150万冊の配信を目指している。

 学研ホールディングスは20日より、約400冊の配信を開始。『プロゴルファー 石川遼 夢をかなえる道 急がば回るな』(井上兼行著)、『浅田真央 さらなる高みへ』(吉田順著)のスポーツ関連書籍や、『戦国大乱』(津野田幸作著)シリーズといった歴史関連書籍の他、ビジネス書、児童書など幅広いジャンルを用意。年内に1000冊以上の配信を予定している。

 また、通信教育用教材を制作しているアルクも、『英文法のトリセツじっくり基礎編』や『英語で日本紹介ハンドブック』などの英語学習コンテンツの配信を開始。さらに恋愛小説の火付け役として知られるハーレクインも、小説2600冊とコミック946冊を随時配信していくと発表した。各社は今後も積極的に書籍の電子化と配信を進めていく。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。