ロンドン五輪、“ネット視聴率”1位は「福原愛」

ロンドン五輪、“ネット視聴率”1位は「福原愛」 [写真:2011年4月22日撮影(C)ORICON DD inc.] [拡大する]

ロンドン五輪、“ネット視聴率”1位は「福原愛」 [写真:2011年4月22日撮影(C)ORICON DD inc.]

 日本ブランド戦略研究所は15日、ロンドン五輪開催期間中、インターネットでもっとも視聴された日本人選手を発表。1位となったのは卓球の福原愛選手で、推定視聴者数は237万5000人だった。

 2位につけたのは、100メートル平泳ぎ、200メートル平泳ぎ、400メートルメドレーリレーにて3つのメダル獲得した水泳の鈴木聡美選手(同180万4000人)。3位は個人総合で金メダルを獲得した体操の内村航平選手で、同169万8000人だった。なお、鈴木選手と内村選手はGoogleが発表した、「五輪開催中にもっとも検索された選手」で男女別1位をそれぞれ獲得。4位は水泳の北島康介(同150万5000人)、5位はサッカーの吉田麻也選手(138万9000人)が4位と5位につけた。

 同ランキングの測定期間は7月27日〜8月13日。視聴率を計測するシステム「Reach Next」を使用し、キーワードを元に対象選手のページを抽出。得られたURLの集合に対する視聴率を測定し、算出している。

動画を快適に楽しめるプロバイダは? プロバイダ 顧客満足度ランキング


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。