任天堂Wii U、12月8日に発売! 価格は2万6250円〜

白のベーシックセットは、『Wii U』本体の内蔵フラッシュメモリー容量が8GBで2万6250円(税込) [拡大する]

白のベーシックセットは、『Wii U』本体の内蔵フラッシュメモリー容量が8GBで2万6250円(税込)

 任天堂は13日、次世代ゲーム機『Wii U』ネット発表会を開催し、同商品を12月8日に発売すると発表した。価格は、本体の内蔵フラッシュメモリー容量が8GBのべーシックセット(白色)が2万6250円(税込)、32GBのプレミアムセット(黒色)が3万1500円(税込)。

 同商品本体は縦約133.4mm×横約255.4mm×厚さ約41mm。ゲームコントロールボタンに加え6.2インチのタッチスクリーンを搭載するWii U専用コントローラーの「GamePad」が付属される。本体からゲーム画面を配信するため、テレビとスクリーンの2画面でプレイできるほか、テレビを使わずにコントローラーのみで楽しむことも可能だ。本体はこのGame Padのほか、一部を除いて従来のWiiソフトや周辺機器にも対応する。

 また、同社は『Wii U』とともにふたつのソフトを発売すると発表した。タイトルは『New SUPER MARIO BROS.U』と『Nintendo Land』で、パッケージ版とダウンロード版を同時発売する。

 同社のWiiは、発売から約60週で世界累計販売台数2000万台を達成した。Wii Uの売上にも注目だ。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。