ソフトバンクが世界第3位の携帯電話事業会社に 米スプリント社の買収を発表

 ソフトバンクは15日、米国の携帯電話会社スプリント・ネクステルを買収することで合意したと発表した。同取引により、両社を合計した顧客基盤は日米市場で最大級に、売上高は世界第3位になる。

 同取引では同社がスプリントの事業に対して約201億米ドル(約1兆5709億円)の投資を行い、うち121米億ドル(約9469億円)はスプリントの株主に支払われ、80億米ドル(約6240億円)はスプリントの財務体質強化などに充てられる。2013年半ばに同取引が最終的に完了する見込みで、最終的に新スプリントの株式の約70%を取得する。

 同社は今月1日にイー・アクセスの完全子会社化を発表したばかり。孫正義社長は今回の取引について「ソフトバンクがスマートフォンやLTE等の次世代高速ネットワークの知見を活用して、世界最大の市場である米国でモバイルインターネット革命を展開できる素晴らしい機会だと考えています」とコメントしている。


Oricon CS Ranking

保険関連ランキング

マネー関連ランキング

通信関連ランキング

生活関連ランキング

ショッピング関連ランキング

トラベル関連ランキング

住宅関連ランキング

受験関連ランキング

転職関連ランキング

美容関連ランキング

法人向けサービス関連ランキング

CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。