Amazon「コンビニ受取」にファミマ対応

 Amazon.co.jpは10月31日、注文商品を全国のファミリーマート約9100店で受け取れるサービスを開始したと発表した。同社の「コンビニ受取」対応は2008年7月よりスタートしたローソンに続き2社目。

 同サービスは商品注文時の「お届け先選択」画面に設置されたコンビニ店舗検索機能から店舗を指定。商品到着後に登録メールアドレスに認証キーが送られ、その認証キーを店内の端末に入力することで受け取り手続き完了となる。代金引換商品の受け取りも可能。

受け取る際の手続きは店内に設置されているマルチメディア端末「Famiポート」で行う。受取期間はコンビニ到着後から10日間。商品の種類やサイズ、重量などによっては対応不可となるほか、30万円以上の商品、Amazonマーケットプレイスの商品、「Amazon定期おトク便」などはサービス対象外となる。

 24時間好きな時に最寄りの店舗で受け取れる同サービスは、昼間は家にいない一人暮らしの社会人や長期出張中のユーザーなどを中心に支持されているが、対応店舗数が広がったことで、より注目されそうだ。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。