蜷川実花監修カメラアプリ、公開10日で100万DL超え

サービス公開10日で総計100万ダウンロードを突破した、蜷川実花監修カメラアプリ『cameran』 [拡大する]

サービス公開10日で総計100万ダウンロードを突破した、蜷川実花監修カメラアプリ『cameran』

 写真家で映画監督の蜷川実花が監修したiPhone向けカメラアプリ『cameran』が、100万ダウンロード超えたとリクルートホールディングスが6日、発表した。同アプリは公開を開始した10月19日より、国内をはじめアジア各国で利用者が急増。わずか10日で100万ダウンロードを達成した。

 同アプリには極彩色の色合いを引き出す「GOKUSAI」や、花びらを散らし華やかに仕上げる「Shower」など全23種類の専用フィルターを用意。フィルターを選択して撮影するだけで“蜷川実花作品風”の作品を作ることができる点が特長となっている。蜷川の世界観に共感する女性ファンを中心にDL数を伸ばした。

 また、11月中旬にはフィルターが追加される予定。同社は「今後も、『成長するカメラアプリ』として、蜷川さんとコンテンツや機能面の充実を図ってまいります」としている。


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。