新生活、取り入れたいのは「スマホのテザリング」より「モバイルWi-Fiルーター」

月額料金の安さや速度制限がない点が認められ、支持されている『WiMAX』 [拡大する]

月額料金の安さや速度制限がない点が認められ、支持されている『WiMAX』

 新生活にあたり、最も利用意向が多いインターネット接続方法は【モバイルWi-Fiルーター】であることが、イード社が14日に発表した『新生活のインターネット環境に関する意識調査』で明らかになった。同調査によると、今後の利用意向については、固定回線よりモバイルデータ通信が多数。そのなかで29.3%が「スマートフォンのテザリングとモバイルWi-Fiルーター両方を利用したい」と回答しているものの、「モバイルWi-Fiルーターのみを利用したい」と答えた人は57.5%にのぼっており、話題のテザリングを抑え人気となっている。

 モバイルWi-Fiルーターを選ぶ理由については、「外出時でも長時間バッテリーがもつから」が40.7%で1位。そのほか、「スマホのテザリングは、すぐに電池がなくなるから」、「テザリングより安定して通信できそうだから」、「テザリングは速度制限があるから」という比較結果も挙げられている。

 また、利用したいキャリアについても調査したところ、最も支持されているのは『WiMAX』という結果に。「月額料金の安さ」や「速度制限がない」点が半数以上に認められていた。例えば動画を楽しみたいとき、ほかのキャリアでは速度制限の解除に費用が発生するが、『WiMAX』には、そもそも速度制限がない。この点が、ユーザーから支持される大きな魅力といえるだろう。

 同調査結果に対しイード社は、「タブレットをはじめとするWi-Fi対応端末が普及し、新生活において、いつでもどこでもインターネットに接続する需要が高くなっている」と解説しつつ、モバイルデータ通信サービスの選択時には「バッテリーが重視されている」とコメント。この春、モバイルWi-Fiルーターのユーザーは着実に増えていきそうだ。

【調査概要】
調査期間:2013年2月1日〜5日
調査対象:2013年春以降に新生活(引っ越し)を始める予定の18〜40歳の男女
有効回答数:500
調査地域:全国
データ出展:イード社

【特集】流行りモノ調査隊『新生活に向けた賢い引越し…見直したいモノ1位は?』


CSランキング特集

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
ORICON STYLE及び、CS RANKINGの著作権その他の権利は、(株)oricon ME、オリコンNewS(株)、またはニュース提供者に帰属していますので、 無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。