回線ごとに異なるインターネットの初期費用

 契約開始の初月にのみ請求される初期費用。実は、回線ごとに異なります。このページでは、回線ごとの初期費用の目安や、注意すべき「解約手数料」について紹介します。

千差万別の初期費用

  • 【画像】初期費用

 初期費用は契約開始の初月にのみ請求されます。しかし、短期間でプロバイダを変更したり、回線を変更したりする予定があるときは、なるべく安い初期費用のプランを選ぶなどの検討が必要です。

 プロバイダによっては、初期費用を無料としたり、数ヶ月間の月額使用料が無料となる期間限定のキャンペーンなどを設定しているところも。できるだけ初期費用を抑えられるよう各社の公式サイトなどを参考にしてから契約を。

回線ごとの初期費用の目安

光回線
マンション・戸建て
アパートタイプ

約1000〜15000円

ADSL
約0〜4000円

※既設の回線を持っている場合と持っていない場合、両方含む

高速モバイル通信

約0〜22500円

「解約手数料」にはご注意を!

 最近では、新規の契約や乗り換え契約などで、大きなキャッシュバックのあるプランが見受けられるように。しかし、これには「解約手数料」がかかるので注意が必要。

 たとえば、契約から2年間使い続けることが条件となっているプランを申し込んだ場合、仮に1年後に引越しなどで契約を解除しようとすると、解約手数料がかかり、結果的に高いコストになってしまうことがあります。契約時に、解約手数料や事務手数料がいくらかかるのか調べておこう。