リターナブルタイプ(回収型ボトル)のウォーターサーバー

  • リターナブルタイプ(回収型ボトル)のウォーターサーバー

 近年、様々なウォーターサーバーが登場していますが、ボトルは大きく分けるとボトルを回収するリターナブルタイプと、使い捨てのワンウェイタイプの2種類に分類できます。今回は従来の方式であるリターナブルタイプについてご紹介しましょう。

リターナブルタイプって何?

 ウォーターサーバーのボトルは大別するとリターナブルタイプとワンウェイタイプの2種類に分けることができます。最近登場したワンウェイタイプに対して、回収式のボトルに繰り返し水を充填して供給するのがリターナブルタイプです。
 一般的なリターナブルタイプのウォーターサーバーには、硬質で丈夫なプラスチック製のボトルが使用されています。利用後に回収されたボトルはきれいに洗浄され、汚れや雑菌が入らないようパッキングされてから再び供給されます。

リターナブルタイプのメリット

(1)種類が豊富
 ウォーターサーバーサービスが開始された頃から存在するボトルのため、ほとんどの会社がリターナブルタイプに対応しています。使い捨てタイプのワンウェイタイプは近年登場したタイプであり、対応している会社や商品はまだまだ少ない状況です。お水の質やサービス等を慎重に比較したい方はリターナブルタイプを検討してみてください。

(2)環境にやさしい
 リターナブルタイプはボトル回収後に洗浄・殺菌をして再利用しています。このサイクルによってゴミを極力減らすことに成功しており、家庭ゴミの削減はもちろん、地球の環境問題にも貢献しています。

(3)お手頃価格
 リターナブルボトルは容器を再利用できるため、コスト面でのメリットがあります。「ためしにウォーターサーバーを使ってみようかな?ということであれば、まず手ごろな価格のリターナブルタイプを試してみて、その魅力にハマったら本格的なウォーターサーバーを導入してみる、という方法もいいかもしれません。

リターナブルタイプのデメリット

(1)回収の手間
 リターナブルタイプは空きボトルを回収するため、使い終わった容器を保管しておく必要があります。スペースが少ない場合は置き場所に困るかもしれません。ウォーターサーバーを置く場所だけではなく、空きボトルの置き場所も決めておくようにしましょう。

(2)衛生問題
 リターナブルタイプは水やお湯を出すとき、容器に空気が入り込みます。水が空気に長時間触れることで雑菌が発生する可能性があります。衛生を保つためにリターナブルタイプのサーバーは年に1〜2回程度メンテナンスを行うのが一般的です。メンテナンス料金は基本料金に含まれているところもあれば、別途有料となる場合もあるので、契約前にはよく確認しておきましょう。

まとめ

 値段がお手頃かつ、地球にやさしいリターナブルボトル。家計の節約としてはもちろん、環境問題に関心がある方から高く評価されています。商品の種類も豊富なため、初めてウォーターサーバーを利用する方にもお勧めです。
 リターナブルタイプの心配な点として衛生問題がよく挙げられますが、実際にはそれほど面倒なメンテナンス作業も必要とせず、清潔を保つことができます。気軽な気持ちで試してみてはいかがでしょうか。