火傷や転倒…ウォーターサーバーの安全性が知りたい!

  • ウォーターサーバーの安全性

 小さなお子様がいることを理由に、ウォーターサーバーの導入を躊躇されている方は少なくありません。子育ての経験がある方なら、ご家庭に設置するものの危険性を思慮に入れるのはごく自然なことでしょう。どれだけ安全とわかっていても、自分の子供が実際にサーバーに触れるところを想像するとなかなか踏みこめない方もいらっしゃるはずです。
 ここでは、ウォーターサーバーの安全性について詳しくご説明します。

チャイルドロックでお湯をロック

 お子様のいる家庭にウォーターサーバーを設置するうえで、ご両親が最も危惧するのは「勝手にスイッチを触ること」。それが万が一お湯であったとすれば、火傷は免れません。冷たいお水だとしても、床を水浸しにしてしまうかもしれませんし、床にこぼれて汚れてしまった水を誤飲してしまう可能性があります。
 しかし最近のウォーターサーバーには、触っただけでは簡単に給水されない、いたずら防止のチャイルドロック機能がついたものが登場しています。給水コックと別途設けられたスイッチを押さないと吐水されないものや、コックで一度ロック解除操作をする必要があるタイプなど、多くは2段階の工程が必要となっています。いたずら好きのお子様でも、ちょっと目を離したすきにお湯を出してしまうような事態は避けられるでしょう。

押してもぶつかっても転ばせない、転倒防止装置

 前項の事柄以外に危惧している事態として、「サーバーの転倒」があげられます。お子様がいたずらに押してしまったり、兄弟げんかでぶつかってしまう可能性も考えられます。もちろん、地震などの災害でサーバーに衝撃を与えてしまうこともあるでしょう。もしウォーターサーバーが倒れてそこに子供が巻き込まれてしまったら・・・と考えると、気が気ではないでしょう。
 しかし心配には及びません。ウォーターサーバーには、転倒防止ワイヤーがあらかじめ取り付けられたモデルも用意されています。ウォーターサーバー本体をワイヤーで固定することによって、外部から衝撃を与えてもそう簡単には倒れなくなります。また、棚と棚の間に設置(側面からの転倒を予防)したり、ワイヤーを強化したり、滑り止めを敷くなどして2重の対策をとっているご家庭も多いようです。

油断は大敵

 現在販売されているウォーターサーバーの安全性についてはご理解いただけたと思いますが、決して油断してはいけません。例えチャイルドロックが施されているウォーターサーバーでも、留守番中などお子様が長時間触ることができる状況にあれば、なんらかのタイミングでロックが解除されてしまうこともありえます。繰り返し衝撃を与えることによってワイヤーがゆるみ、転倒させてしまう可能性もゼロではありません。特に卓上タイプのウォーターサーバーは床置型に比べてお子様の手に届きやすく、また軽量です。
 極力子供の手が届きにくい位置に設置することをお勧めします。また危険には及びませんが、油性マジックやクレヨンを使って本体に落書きをしたりシールを貼ってしまうケースもあるようですので、レンタルサーバーの場合は特に注意が必要です。