天海祐希、ハリウッドでプレミアデビュー「楽しめました」と笑顔

ハリウッドのレッドカーペットで笑顔をみせる天海祐希 [拡大する]

ハリウッドのレッドカーペットで笑顔をみせる天海祐希

 女優の天海祐希が米ロサンゼルスのユニバーサル・スタジオで現地時間2日、映画『リアル・スティール』(ショーン・レヴィ監督)の上映会に出席し、ハリウッドのレッドカーペットデビューを飾った。天海は同作の日本語吹き替え版で主人公を支えるヒロインの声優を引き受けた縁で特別招待され、ハリウッドのプレミアイベントを初体験。主演のヒュー・ジャックマンをはじめセレブに囲まれて、「世界中のプロフェッショナルな方々が集まったイベントで楽しめました。この作品に参加している皆さんは、どんな小さなことでも“楽しさ”に変えてしまう」と刺激を受けていた。

 同作はハリウッドを代表する大ヒットメーカー、スティーブン・スピルバーグとロバート・ゼメキスが製作総指揮に名を連ね、『ナイト・ミュージアム』シリーズのレヴィ監督が、ロボット格闘技の世界を舞台に、人生に挫折した男の再起のドラマと、父と息子とのかけがえのない絆を描く感動のアクション・エンターテインメント。

 ワールドプレミアには世界中から250人のメディア、2500人のファンが集結する中、劇中に登場するATOMをはじめ4体のロボットも登場し、会場を盛り上げた。ジャックマンは「この映画は国境も年齢も超えて、世界中のすべての人たちが観て楽しめる映画だよ。自分の母、妻、二人の子供にも見せたけれどみんなすごく楽しんでくれたよ。製作総指揮のスティーブン・スピルバーグは、今や伝説だ! 彼と仕事ができたことを誇りに思っている」とコメントし、日本のファンへのメッセージを求めると「オハヨウゴザイマス、ヒュー・ジャックマンデス」と日本語であいさつした後、「みんな『リアル・スティール』映画館で楽しんで下さいね!」と結んだ。

 天海は、吹き替えをしたベイリー役の女優エヴァンジェリン・リリーとも対面。天海が「あなたの演技は素晴らしかった」と声をかけると、エヴァンジェリンも「あなたは本当に美しい! きっと素晴らしいベイリーだったに違いない。必ず日本語版を観るわ」と返し、お互いを称えあった。エヴァンジェリンが「この映画は他のどの国の人達よりも、日本の人たちが一番好きだと思います。楽しんでくださいね!」と言えば、天海も「男性だけでなく、女性にも必ず何かを感じられる映画です。本当に思わず泣いてしまいますよ」と話していた。

 映画『リアル・スティール』は12月9日(金)より全国公開。

【動画】映画『リアル・スティール』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について