エリック・クラプトンが「ありのままを語った」自伝、翻訳されて発売


写真を拡大する
『エリック・クラプトン自伝』

■その他の写真ニュースはこちら

 エリック・クラプトンが40年間のキャリアを初めて自身の言葉で語ったことで話題の自伝『エリック・クラプトン自伝』の翻訳本が日本でも4月に発売されている。クラプトンが「家族との幸せを手に入れた現在、これまでの人生を振り返り、ありのままを語る準備ができたから書いた」とコメントしており、今まで語られることのなかった真実がせきららに綴られている。ギタリストの布袋寅泰も自身のブログで「エリック・クラプトンの自伝は大変読み応えがあった」と絶賛している。

 クラプトンがジョージ・ハリスンの妻だったパティ・ボイドに恋をして、その恋愛感情によって名曲『レイラ』が生まれ、後に結婚・離婚したのはあまりにも有名な話だが、この一件についても本人が詳しく書いている。

 クラプトンのパティへの想いは相当なもので、ジョージと別れて自分と一緒になってくれと何度も迫り、ある時には、媚薬を求めまわったこともあったという。ついにパティと結婚するも、後に2人の関係が冷えきってしまった時のことについては、電話をかけてきた謎の女性の言われるままに魔術によって彼女との関係を元に戻そうと、薬草を入れた風呂に入ったり、呪文を唱えたり様々な儀式を行ったりもしたという。

 このほかにも、彼の出生の秘密や、音楽との出会い、大勢の女性たちとの恋愛遍歴、ミュージシャンたちとの裏話など包み隠さず明らかにされており、ドラッグ体験や、日本映画に心頭していたことなども書かたセンセーショナルな内容。アメリカでは07年に発売され話題をふりまいた一冊だ。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について