好きな歴史小説・マンガ 『三国志』が根強い人気

■ランキング表はこちら

 これからの季節、さわやかな夜風に吹かれながら読書を楽しむのも悪くない。でも、いざ何を読もうかとなると様々なジャンルがあり、悩んでしまいそうだが、腰を据えて読むのならボリュームたっぷりの“歴史モノ”という声も少なくないのでは? そこでオリコンでは『好きな歴史小説・マンガ』についてアンケート調査を実施。その結果、『三国志』が小説・マンガともに1位に輝き、根強い人気を得ていることがわかった。

 「魅力あふれる登場人物と壮大なスケールの歴史観がおもしろい」(宮城県/30代/男性)、「大国中国の一大物語は、豊富な登場人物とともに、いろいろな興奮を与えてくれるから」(神奈川県/30代/男性)と長きにわたって多くを魅了している『三国志』(小説:吉川英治など、マンガ:横山光輝)。8月にはアーケードゲームとして人気を博す『三国志大戦シリーズ』がニンテンドーDS化、11月には『三国志』をモチーフにし、俳優のトニー・レオンと金城武が主演を務める映画『レッドクリフ』の公開も控えており、これを機にさらなる支持層の拡大が予想される。

 小説部門の2位にランクインしたのは、幕末に颯爽と現れたヒーロー坂本竜馬の生き様を描いた『竜馬がゆく』(司馬遼太郎)。「司馬遼太郎の最高傑作」(埼玉県/40代/男性)といわれる同作には「漫画を読んでるように、情景がすぐ浮かんできておもしろかったから」(大阪府/20代/女性)、「ラストを読んで電車の中で号泣したので」(埼玉県/40代/女性)と、女性からの絶賛の声も寄せられた。そして3位には同じく司馬が新選組・土方歳三の生涯を描いた『燃えよ剣』が登場している。

 マンガ部門の2位は、紫式部の『源氏物語』を漫画化した『あさきゆめみし』(大和和紀)に女性票が集中。「これを読んで古典の勉強をしたから」(福島県/20代/女性)、「楽しみながら源氏物語のことがだいたい分かったから」(東京都/女性/30代)など、同作をきっかけに歴史モノに興味をもったという女性も少なくないようだ。3位に選ばれたのは剣豪・宮本武蔵を主人公にした『バガボンド』(井上雄彦)。「一人一人のドラマが詳細に描かれているので感情移入しやすい」(福岡県/20代/男性)、「読んで、興奮する感覚を覚えました」(東京都/20代/女性)と男女を問わずに支持するコメントが寄せられた。

 壮大で深みのあるストーリーが、時代を超えて多くの人たちの心をとらえている“歴史モノ”の数々。小説だけにとどまらずマンガ化されている作品が多く、親しみやすいのも魅力のひとつだ。読書にピッタリのこれからの季節、じっくり堪能してみてはいかがだろうか。

(8月22日〜8月26日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代〜40代の男女、各125人、合計1,000人にインターネット調査したもの)



■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


■今日の流行モノ「三国志大戦シリーズ」最新作★ニンテンドーDS『三国志大戦・天』に注目!

今月の写真ニュース一覧をみる


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について