ニコン、世界初の“通信機能付きヘッドフォン型映像再生機”を発表

12月中旬に発売されるメディアポート『UP』  [拡大する]

12月中旬に発売されるメディアポート『UP』 

■その他の写真ニュースはこちら

 ニコンは7日(火)、都内で新カテゴリー映像関連製品のプレス発表会を開き、動画や音楽再生のほか、インターネットにもワイヤレスで接続できる“ヘッドフォン型映像再生機”『メディアポート UP(ユーピー)」シリーズを今年12月中に同社ホームページ内で販売すると発表した。同社によると「オールインワンタイプのヘッドフォン型で、Wi-Fi通信機能を備えたタイプは世界初」だという。明日8日(水)から12月7日(日)まで、東京・表参道ヒルズで一般向けの同製品体験スペース『UPLAB(ユーピー・ラボ)』をオープンさせ、認知拡大を図る。

 同製品はディスプレーとヘッドフォン、再生装置、インターネット接続などが一体になったオールインワンプレーヤーで、Wi-Fi通信機能を利用することで無線LAN環境下でインターネット接続が可能になり、ウェブサイト閲覧のほか同社が提供するユーザー対象の動画配信サービスも利用できる。8GBのメモリーを搭載した高機能タイプの「UP300x」が6万9800円、4GBのメモリーを搭載したベーシックタイプの「UP300」が5万9800円。

 当初は同社ホームページのみでの販売となるが「いずれは販売チャンネルを広げていき、海外での販売も視野に入れている」(同社)という。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について