押切、パックンら『英語でしゃべらナイト』終了に寂しげ

『英語でしゃべらナイト』のMCを務めてきたモデルの押切もえ  [拡大する]

『英語でしゃべらナイト』のMCを務めてきたモデルの押切もえ 

■その他の写真はこちら

 今年3月に6年間の放送に幕を閉じる『英語でしゃべらナイト』のMCを務めてきたモデルの押切もえとお笑いタレントのパトリック・ハーランらが17日(火)、東京・渋谷のNHK局にて会見を行った。ウィークリー放送終了を間近に控え、押切は「寂しい気持ちでいっぱい」としょんぼり。放送当初から出演したパックンも「正直ショック。まだやり残したこと山ほどある。現役の大統領にも会えなかった」と肩を落とした。

 多彩なゲストを交えて新たな異文化コミュニケーションのあり方を提示し続けてきた同番組。ウィークリー放送最後の収録を後に控え、押切は「今後も英語の勉強を続けていきたいし、この経験を糧にいろんなことを学びたい」と“さよなら”はあえて封印。共演者の八嶋智人も「英語はここでゴールというのがないので関わっていきたい」とうなずきながら同調した。

 07年から加わった押切と八嶋の上達ぶりについて聞かれたパックンは「英語は上達しているわけではないんですよ。パフォーマンス力があがった。単語力や文法力はないけど、自信がついたんじゃないかと思う。恐いもの知らずという姿勢が大事」と、成長ぶりを笑い混じりで称えた。

 最後に全員で「Yes We Can」と声を揃え、今後特番などでの再会を誓っていた。ウィークリー最後の放送は『英語でしゃべらナイト 大感謝祭スペシャル』と題し、3月16日(月)午後10時より84分の拡大版で放送。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について