今年こそ直したい自分の“変な癖”〜失敗談や周囲に迷惑な癖などさまざま

直したいと思う“自分の癖”は?  [拡大する]

直したいと思う“自分の癖”は? 

■「変な癖」「直したいと感じた瞬間」コメント一覧

 昔から「無くて七癖」ということわざがあるように、気づかないうちに身についた“癖”は誰にでもあるもの。新年がスタートし“自分の癖を直したい”と、目標に掲げる人もいるだろう。そこでORICON STYLEでは「今年こそ直したい自分の変な癖は?」というアンケートを実施したところ、【髪を触る】、【匂いを嗅ぐ】、【口癖】など、よく見かける癖がずらり。「“愛想笑い”。上司とのつまらない会話はスルーしたい」(福島県/30代/男性)や「真剣に話をする時も笑ってしまう。“何を笑っているんだ”と叱責された」(千葉県/40代/男性)と、ビジネスシーンでは手痛い失敗に繋がることもあり、たかが“癖”とは侮れないようだ。

 全世代、男女を問わず多くの人が改善を望む癖が【頭・髪を触る】。社会人から「面接などのときに、頭に手をやる。緊張しているのがバレバレ」(三重県/女性/20代)と、極度の緊張からか、思わず髪に手が伸びてしまうようだ。幼少期に親から頭を撫でて慰められた自身の原体験により、自分の頭を触ることで安心を得るという説もあり、なかなか改善は難しそう。このほかにも【鼻】、【耳】、【ヒゲ】、【あご】といった顔の一部を触るという人は多い。直したいと思った瞬間は「同じ癖の人を見たとき」(広島県/20代/女性)と、自分と同じ仕草を見かけ自戒の念にかられている様子。

 また「慌てたとき、指示出しのときなど、同じ事を繰り返し2回言う。威圧感があるから直したい」(富山県/20代/女性)や、「語尾に“ッス”をつけてしまう。将来こんな喋り方ではよくない」(岡山県/10代/男性)と、普段の会話でうっかり出てしまう【口癖】も非常に多い。「自分の真似をしている子どもを見て、ショックだった」(愛知県/30代/女性)と、感じたままを表現する子どもの言動に、思わずドキッとしている親たちの焦りも見受けられた。

 さらに、周囲への配慮が足りない癖も存在。【遅刻癖】、【すぐにふてくされる】、【短気】といった、性分を挙げる人もモチロン存在するが、【トイレの後で手を洗わない】、【人前でのおなら】など、ちょっと眉をひそめたくなるような癖もちらほら。さらに“癖”を通り越して【鼻をほじって・・・テーブルの上に置く】という驚くべき迷惑行為を挙げたのは40代・男性。直したいと思った瞬間は「他人に指摘された。確かにちょっと汚いかなと感じる」だそうだが、周囲の気持ちとしては「一刻でも早い改善を」といったところだろう。

 癖は意識して身に付くものではなく、だからこそコントロールも難しい。ただし“人の振り見て我が振り直せ”ということわざもあるように、常に周囲を観察しながら自己分析をしてみることは、自身のウィークポイントの克服に有効だといえそうだ。

【調査概要】
調査時期:12月9日(水)〜12月11日
調査対象:合計1,000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代〜40代の男女、各125名)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査


>>変な癖から気になるマナーまで「ライフ特集」
■職場で気になる“お隣さんのクセ”■【OL白書】車内メイクはOK?
■気になる“電話マナー”■通勤の車内でムカッとくるマナー



■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について