豊川悦司、井上真央と石井正則とのトリオ結成に自信 「ダチョウ倶楽部を超えられる」

(左から)豊川悦司、井上真央、アリtoキリギリスの石井正則 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)豊川悦司、井上真央、アリtoキリギリスの石井正則 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の豊川悦司井上真央、お笑いコンビ・アリtoキリギリスの石井正則が、NTT西日本のインターネット回線サービス『フレッツ光』の新シンボルキャラクターに起用され28日、都内で行われた記者発表会に出席した。3人は、出演している新CMでも着用しているお揃いの制服姿で登場し、『フレッツ光』の魅力を伝えるべく「光にして委員」を結成。CM撮影で初対面となった3人だったが豊川は「初めから息もぴったり。ダチョウ倶楽部も超えられるんじゃないかと…」とトリオの息の合った様子を熱く語った。

 3人が出演している新CMは、「光にして委員」の委員長を務める豊川と副委員長の井上、副委員長代理の石井が、1人でも多くの人に『フレッツ光』の魅力を伝えようと奮闘するというもの。豊川が井上を“お姫様だっこ”しながら背中に石井をおんぶするというシーンもあり、石井は「豊川さんの背中はとってもいいんです。温かくて頼りがいがある感じ」と撮影時を振り返った。一方、抱きかかえられた井上も照れながら「豊川さんに“お姫様だっこ”していただいて嬉しかったです。感触は…いいんです」と、同CMのキャッチフレーズ“いいんです”を絡めつつ、忘れられない体験となったことを語った。

 出来上がったCMを初めて観たという井上は、「撮影中は(それぞれの)表情を見られなかったので、今日見てこんな表情だったんだと楽しめました」とコミカルなストーリーにご機嫌。また3人で一緒にボードを持つ際、豊川との身長差を痛烈に感じたという石井が「画面を通しても自分がすごく小さいのを実感しました。撮影中は聞けなかったんですが豊川さんは身長おいくつなんですか?」と質問すると、豊川が「2mぐらいでしょうか」と冗談で返すなど、終始息の合った掛け合いを見せていた。

 新CM『登場』篇、『引越し』篇、『量販店』篇は西日本地区で2月1日(月)より順次放送開始。

◆旬な情報が満載! CM情報記事一覧

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について