2009年世界ゲーム市場規模、前年比6.7%減〜調査開始以来初のマイナス

■その他の写真ニュースはこちら

 世界における2009年のゲームコンテンツ市場規模が、前年比6.7%減の3兆6686億円だったことが、エンターブレインの『ファミ通ゲーム白書2010』(21日発刊)であきらかになった。20日、同社が発表した。マイナス成長は同社が集計を開始した2004年以来初めてで、ゲーム先進国である欧米の不況とそれに伴う消費低迷が影響した。

 市場規模はそれぞれ、北米が1兆3189億円(前年比6.4%減)、欧州が1兆1163円(同8.3%減)。日本ではオンラインゲームや携帯電話ゲーム、SNSゲーム市場が好調だったこともあり、前年比6.4%増の5647億円となった。

 一方、新興市場は好調で中国の市場は3328億円、インドは120億円と推定。中国のオンラインゲーム市場が初めて日本の家庭用ゲームソフト市場を上回ったほか、インド市場も前年比で3倍以上の成長を遂げている。

 同社は2009年の世界ゲーム産業について「ノンパッケージゲーム販売の増加、中古市場の拡大、無料ゲームの台頭、iPhone、iPod touchやSNS向けゲームアプリへの市場拡散など、ゲームビジネスに大きな変化がみられた」と分析しており、今後もiPadの普及や3D化の流行、ゲームのクラウド化、新型コントローラーの投入などで「さらに構造改革が進んでいくことが予想される」としている。

⇒最新のゲーム情報が満載!「ゲーム」関連ニュース記事一覧

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について