ユニクロ “グローバル旗艦店”を逆輸入〜10月、大阪・心斎橋に開店

■その他の写真ニュースはこちら

 ユニクロは23日、現在米国や英国などで展開しているグローバル旗艦店を、10月1日に大阪・心斎橋にオープンさせると発表した。同社のグローバル旗艦店は今回の大阪で5店舗目。これまで国内で展開していた大型店とは異なる「世界に向けた店舗デザインやレイアウト」が特長で、“世界視点”の店舗が逆輸入されることになる。

 “グローバル戦略”を掲げる同社は日本ならではのきめこまやかな接客と品質、ブランドイメージを表現した店舗デザインが特長となるグローバル旗艦店1号店を2006年に米国・ニューヨークにオープン。その後、イギリス・ロンドン、フランス・パリ、中国・上海にオープンさせている。

 その一方で、国内でも主要都市に大型店を導入。近年では2009年4月、東京・新宿駅に隣接した580坪の新宿西口店、10月に約700坪の銀座店、2010年3月に約600坪の渋谷道玄坂店など、総売り場面積が500坪以上の店舗を続々とオープンし、話題を集めた。

 グローバル旗艦店5店舗目となる心斎橋店は地下1階から地上4階で構成されており、総売り場面積は約800坪。海外店舗同様のディスプレイやレイアウトで、国内大型店との差別化を図る。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について