「2011年本屋大賞」ノミネート10作発表

貴志祐介『悪の教典』  [拡大する]

貴志祐介『悪の教典』 

 全国の書店員が “今いちばん売りたい本”を決める「2011年本屋大賞」のノミネート作品が25日、発表された。選出されたのは第144回直木賞候補にもなった貴志祐介氏の『悪の教典』、1作目が昨年の同賞で2位にランクインした夏川草介氏の『神様のカルテ2』など10作品。また、有川浩氏は『キケン』、『ストーリー・セラー』の2作品がノミネートされている。本屋大賞は今回が8回目で、2010年大賞は冲方丁氏の『天地明察』が受賞している。

 同賞は“出版不況”や“読書離れ”に危機感を覚えた書店員有志により創設されたもので、書店員の投票だけで選ばれる点が特徴。8回目となる今回は2009年12月1日〜2010年11月30日の間に刊行された“日本のオリジナル小説”を対象に実施しており、全国362書店458人から投票があった。

 また、今回は2009年12月1日以前に刊行された作品や、「一番多感な時期ながら本が縁遠くなる」“中学2年生男子”をターゲットに発行時期・ジャンルを問わずオススメ作品を選ぶ「中2男子に読ませたい!中2賞」の投票も行われている。

 今回ノミネートされた作品は以下の通り。2次投票は本日から2月28日まで実施され、大賞は4月13日に発表される。

■2011年本屋大賞ノミネート作(五十音順)

『悪の教典』貴志祐介(文藝春秋)
『錨を上げよ』百田尚樹(講談社)
『神様のカルテ2』夏川草介(小学館)
『キケン』有川浩(新潮社)
『叫びと祈り』梓崎優(東京創元社)
『シューマンの指』奥泉光(講談社)
『ストーリー・セラー』有川浩(新潮社)
『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)
『ふがいない僕は空を見た』窪美澄(新潮社)
『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦(角川書店)

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について