市原隼人、涙ながらに被災地支援を誓う 「エンターテイナーとして貢献したい」

涙ながらに被災地への思いを語った市原隼人 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

涙ながらに被災地への思いを語った市原隼人 (C)ORICON DD inc. 

 俳優の市原隼人が16日、ブーツブランド・ティンバーランド青山店で行われた『チャリティーコラボブーツ』の発表会に出席した。今回のプロジェクトで、東日本大震災のチャリティー活動としてブーツをデザインした市原は、被災地に向け「個人的に仙台の方に行って、役者をやっているエンターテイナーとして少しでも貢献したい。橋渡しになりたいし、力になりたい。まずはもっと被災地の状況を知ろうってことが第一です」と涙ながらに熱い思いを語った。

 同社の取り組む環境活動に賛同した市原とともに、中国ホルチン砂漠での緑化活動のためのチャリティープロジェクトとして進められていたコラボ企画が、3月11日の東日本大震災を受けて急きょ内容を変更。チャリティーブーツの売上の20%がNGOピースウィンズ・ジャパンを通して被災地への復興支援活動にあてられる。

 ブーツには市原が好きな“志”という言葉と、富士山、鯉の滝登りのイラストがデザインされ、仙台市内の直営店に置かれるメッセージボードには“私はエンターテイナー 前にある希望を信じ ずっと楽しみを増やす努力をします。 市原隼人”と書き込まれた。また「自分がいることで楽しんでくれる方がいるなら、何でもいいからやらせていただきたい。前に進まなきゃいけないし、今は振り向く時間じゃない。押し付けじゃなく温かい優しさで、絶対アクションを起こします」と被災地訪問の意向を強く示した。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について