自転車保険特集

【対象別に事例紹介】「自転車事故」の恐るべき高額賠償 対バイクでも加害者に!

Topics
  • 対歩行者、自転車同士の事故件数は近年増加傾向
  • 加害者が未成年でも大人と同様に高額賠償が請求される
  • 対バイクでも加害者となるケースも
【画像】自転車

 2013年の自転車事故の発生件数は約12万件。このうち、自動車との接触・衝突による事故が全体の約8割となっている。ただ、近年は自転車と歩行者、自転車同士の事故も増えており、被害者を死傷させてしまい、高額な損害賠償を請求されるケースも少なくないのだ。

 今回は、自転車と歩行者、自転車同士の事故で数千万円の賠償額となった加害事故例があるので紹介したい。大人も未成年者も区別なく、重大な加害事故を起こせば、高額な賠償額を請求される可能性があることが理解できるだろう(出所・日本損害保険協会)。

対歩行者との事故

■事例1
男性が夕方、ペットボトルを片手にスピードを落とさずに下り坂を走行し、交差点に進入。横断歩道を横断中の女性(38歳)と衝突した。女性は脳挫傷などで3日後に死亡した。賠償額は6779万円に達した(東京地方裁判所 平成15年9月30日判決)。

■事例2
男性が昼間に信号表示を無視して高速度で交差点に進入。青信号で横断歩道を横断中の女性(55歳)と衝突した。女性は頭蓋内損傷などで11日後に死亡した。被害者への賠償額は5438万円となった(東京地方裁判所 平成19年4月11日判決)。

自転車同士、対バイクの事故

■事例1
男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残り、賠償額は9266万円の高額となった(東京地方裁判所 平成20年6月5日判決)。

■事例2
男子高校生が朝、赤信号で交差点の横断歩道を走行中、旋盤工(62歳)の男性が運転するオートバイと衝突。旋盤工は頭蓋骨損傷で13日後に死亡した。自転車運転者に対して4043万円の賠償が命じられた(東京地方裁判所 平成17年9月14日判決)。

そのほかの事故事例

文/高見和也

「自転車事故」の高額賠償 対象別に事例紹介

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

【オリコン日本顧客満足度ランキング】

自動車保険海外旅行保険ペット保険来店型保険ショップバイク保険自転車保険生命保険医療保険がん保険ネット証券ネット銀行ネットバンキング住宅ローン銀行カードローンノンバンクカードローンクレジットカードFX取引MVNO SIMMVNO スマホモバイルデータ通信プロバイダ車買取会社レンタカー格安レンタカーカーシェアリング宅配便サービスステーション結婚相談所ハウスウエディング格安ウエディング結婚式場情報サイト結婚式場相談カウンタートランクルーム レンタル収納スペーストランクルーム コンテナウォーターサーバーカラオケボックスネットスーパー食材宅配サービスホームセンター紳士服専門店旅行予約サイト 国内旅行旅行予約サイト 海外旅行格安航空券 LCC 国内線格安航空券 LCC 国際線賃貸情報サイト賃貸情報店舗不動産仲介 売却 マンション不動産仲介 売却 戸建て不動産仲介 購入 マンション不動産仲介 購入 戸建てリフォーム新築分譲マンション 首都圏新築分譲マンション 近畿ハウスメーカー 注文住宅新築建売住宅 関東引越し会社英会話教室/英会話スクールオンライン英会話子ども英語 幼児子ども英語 小学生家庭教師大学受験 塾・予備校 現役大学受験 個別指導塾 現役大学受験 映像授業高校受験 集団塾高校受験 個別指導塾中学受験 集団塾中学受験 個人指導塾学習塾 小学生 集団 首都圏学習塾 小学生 集団 東海学習塾 小学生 集団 近畿学習塾 小学生 個別指導 首都圏通信教育・オンライン学習高校生通信教育・オンライン学習中学生通信教育・オンライン学習小学生資格スクール通信講座幼児教室 知育キッズスイミングスクール派遣情報サイト転職サイト転職サイト 女性アルバイト情報サイト転職エージェント医療・介護系転職人材派遣会社フィットネスフェイシャルエステブライダルエステ痩身・ボディケアエステ転職サイト(採用担当向け)オフィス引越し新卒採用サイト新卒紹介サービス人材紹介会社 (採用担当向け)人材派遣会社 (採用担当向け)企業研修 管理職向け公開講座企業研修 若手・中堅社員向け公開講座福利厚生サービス オフィス通販オフィス複合機アルバイト求人広告
CS(満足度)ランキングとは?会社概要ニュースリリース当サイトについて個人情報保護方針お問い合わせ求人情報

© oricon ME inc.