基礎知識

バイク保険の自賠責保険と任意保険の違いとは? 保険料の相場も紹介

バイク保険の自賠責保険と任意保険の違いとは? 保険料の相場も紹介

バイク保険にも、車と同様に自賠責保険と任意保険があります。自賠責保険は、バイクの排気量と契約期間で、保険料が異なります。任意保険は、バイクの排気量と等級、そして年齢によって保険料が決まります。自賠責保険への加入は法律で定められていますが、任意保険には加入すべきかどうか、悩む人も少なくないと思います。ここでは、バイク保険に関する基礎知識や加入によるメリット、排気量や等級によって変化する保険料の相場についてご紹介します。

バイクの任意保険にも等級はある? 初めて入る人のためのバイク保険の基礎知識

バイクの任意保険にも等級はある? 初めて入る人のためのバイク保険の基礎知識

自動車保険に入っていても、バイクを持っていなければ「バイク保険にも等級がある」という基本的な知識をはじめ、バイク保険についてよく知らない人も多いでしょう。ここでは、新しくバイクを購入する人が知っておきたい、バイク保険に関する基礎知識をご紹介します。

未成年のバイク保険はなぜ安くないのか

未成年のバイク保険はなぜ安くないのか

憧れのバイクを手に入れて、さぁどこかへツーリングに行こうかと思っている人。もし、あなたの年齢が20歳未満、つまり未成年であれば、出掛けるその前に万が一の準備は万全かチェックしてみてください。実はバイク保険では未成年の加入に要件がある場合があることをご存知でしょうか。ここでは、未成年のバイク保険について加入方法や保険料について解説します。

原付の補償は自賠責保険だけで十分?

原付の補償は自賠責保険だけで十分?

道路運送車両法において、原動機付自転車(以下、原付)は原付一種(50cc以下)と原付二種(50cc超から125cc以下)に分かれます。さらに道路交通法の原付は原付一種(50cc以下)を指します。排気量が少ないため取り回しが楽で普段の足から業務用まで汎用性が高い人気のバイクです。手軽な分、もしもの時の補償について忘れがちになってはいないでしょうか。原付とはいえ強制加入となる自賠責保険に加入する必要があります。ここでは自賠責保険の解説と、バイク保険(任意保険)についてわかりやく解説します。

250tバイクのために必要な補償とは

250tバイクのために必要な補償とは

250ccバイクは、運転免許上、普通二輪免許を持っていれば運転することができます。250ccクラスを支える年齢層は“リターンライダー(※1)”と呼ばれる40歳代から50歳代の人たちです。リターンライダーが全体の53%(※2)を占めるユーザーである250ccは、排気量や乗り心地、利便性や経済性などメリットを多く持つタイプのバイクです。ここでは、250ccの魅力とともに、安心なバイクライフを送るためのもしもの時の補償とその考え方を解説します。

▲基礎知識 TOP

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。