【住宅ローン】マイホーム購入で“見落としがちな費用”とは?

ローンにかかる手数料や税金など…マイホーム購入時の“見落としがちな費用”を紹介 [拡大する]

ローンにかかる手数料や税金など…マイホーム購入時の“見落としがちな費用”を紹介

 住宅の購入を検討する際に、多くの人が物件価格を中心に考えがち。だが、それ以外にも様々な諸費用が発生するのをご存じだろうか。そこで今回は、マイホーム購入の際に必要な“見落としがちな諸費用”について紹介する。

■マイホーム購入時の“見落としがちな費用”とは?
 マイホーム購入時の諸費用は、物件種別、住宅価格、面積、住宅ローン利用の有無によって自己資金の目安は異なる。ローンにかかる手数料や税金など、住宅取得時の諸費用の目安は、新築住宅で価格の2〜5%、中古住宅で5〜10%程度だ。

 また、自己資金は購入価格や建築費の25〜30%なければ、マイホームの取得は難しいと言われている。頭金は住宅購入の諸費用や生活費等のための手元のお金を考え、金融機関に相談のうえ決めることが得策だろう。

 一般的に見落とされがちな諸費用は以下の通り。

【売買契約・決済・引き渡し時に発生する諸費用】
・印紙税
・不動産取得税
・登録免許税
・司法書士報酬
・仲介手数料(中古物件等の場合)
・修繕積立金一時金(新築マンションの場合)
・ 上下水道等負担金(新築戸建)など

【ローン・保険に関する諸費用】
・融資手数料
・保証料
・団体信用生命保険料
・火災保険料
・地震保険料など

 ほかにも、引越し費用やカーテン、照明器具、エアコンなどの新居で必要となる“インテリア購入費”も忘れてはいけない。快適な生活を送るためにも、住宅購入に関わる様々な諸費用を事前に把握しておくことが大切だ。

>> 【住宅ローン】1万4277人が選ぶ! 「繰り上げ返済」満足度ランキング

>> 悩んだら専門家に聞く!? 「住宅ローンアドバイザー」って何?

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。