一時的に車に乗らなくなったとき〜知っておきたい自動車保険の「中断」

車に乗らなくなるなら、中断証明書の発行を検討しよう [拡大する]

車に乗らなくなるなら、中断証明書の発行を検討しよう

 新生活が始まる季節。異動などで、これまでと環境がガラッと変わる人もいるのでは? そこで気になるのが“車の維持”。転勤中の数年間、車に乗らない生活を送る場合や、海外赴任する場合など、一時的に車を手放す選択をすることもあるだろう。その際、自動車保険も解約してしまうと、通常、継続性が断たれ、次に加入するときは新規契約になる。だが、もし長年無事故を続け、等級が上がっていた場合、失効させるのはもったいない。そこで知っておきたいのが、「中断」という手続きだ。

 車を廃車にしたり、譲渡および売却して一時的に所有しなくなったら、申し出をすることで一定の条件のもと、「中断証明書」が発行される。そうすると、後に新たに自動車保険に加入する際、中断時の等級を引き継いで契約できることになる。

 中断は、基本的に10年間有効。つまり10年以内であれば、再び車を所有したときに等級を引き継げるというわけだ。ただ、「解約する自動車保険の満期日または解約日までに、車を手放していること」「解約する自動車保険の満期日または解約日の翌日から13ヶ月以内に中断証明書発行の手続きをすること」などの条件があるため、詳細は加入している自動車保険会社に問い合わせを。なお、中断証明書を使って契約する(=保険を復活させる)際の保険会社は、中断時の保険会社である必要はない。これを機に乗り換えることも可能だ。

 ちなみに、新規契約時と同じ6等級の人は中断手続きの必要はなく、手続きもできない。5等級以下の場合も引き継ぐメリットはないため、同様に中断手続きは不要となる。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。