GW後半戦! ドライブ前に知っておきたい“ロードサービス”3選

連休中こそ知っておきたい!保険会社の3つのロードサービスとは? [拡大する]

連休中こそ知っておきたい!保険会社の3つのロードサービスとは?

 26日よりスタートした大型連休も、いよいよ後半戦。きょうから4連休というドライバーも多いだろう。運転初心者も多くなる休日、知っておきたいのはガス欠などの様々な車のトラブルに対応する「ロードサービス」。ほとんどの任意自動車保険会社は、契約者に無料で提供している。そこで、連休中こそ知っておきたい保険会社の3つのロードサービスを紹介する。

知っておきたいロードサービス1:ガス欠、キー閉じ込みなど「緊急トラブル」対応

 ガス欠、パンク、落輪、駐車中のバッテリー上がりやキー閉じ込みといった緊急トラブルに対し、現場で応急処置を行ってくれるサービス。専門スタッフが現場にスムーズに到着できるよう、位置情報サービスと連携している保険会社が多い。

知っておきたいロードサービス2:レッカー移動・レンタカー費用の負担

 故障や事故で車が自力走行不能となった場合、現場にレッカー車を出動させ、修理工場まで牽引・搬送するサービスも行われている。緊急に代車が必要となった際には、レンタカーの基本代金も負担してくれる保険会社もある。

知っておきたいロードサービス3:帰宅・宿泊費用の負担

 レッカー移動後などで交通手段がない場合、現場から自宅までの公共交通機関による交通費を支払うサービス。当日の帰宅が困難であれば、現地での宿泊費用(原則として最寄りのビジネスホテルクラスの宿泊実費)も負担してくれる。

 現場での作業時間やガソリンの提供範囲、無料牽引の距離、帰宅・宿泊費用の支払い制限といった各サービスの詳細は保険会社によって異なるので、事前に詳細確認を。いざというときに慌てないよう、加入中の保険会社のサービス内容を頭に入れてからドライブを楽しもう。

>>実際に保険を適用したドライバーが選ぶ
【ベスト10】自動車保険のロードサービスに関する満足度ランキング

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。