【自動車保険】「ロードサービス」ってどんなもの? 内容と注意点を紹介


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

事故や故障時に助けてくれる「ロードサービス」の基礎を紹介 [拡大する]

事故や故障時に助けてくれる「ロードサービス」の基礎を紹介

 自動車保険のロードサービスとは、保険会社が契約自動車に対して提供するサービスのことで、事故を起こしたときや故障などトラブルが発生したときに使うことができる。内容は、レッカーサービスやレンタカーサービス、ペット宿泊費用サービスなど様々だ。

 特におさえておきたいのは、まず「レッカーサービス」。トラブルによって自動車が動かなくなってしまったときに、レッカー車で修理工場まで運んでくれる。基本的に、24時間365日いつでも利用可能だが、保険会社によって移動距離の制限がある。また、保険会社を通さずに自分で手配してしまうと有料になるケースがある点にも注意しよう。

 もうひとつは「レンタカーサービス」だ。例えば、“移動先で自動車が動かなくなり、修理工場まで運んでもらったが、その後も引き続き車が必要”“、あるいは“修理期間中にも車を利用したい“といった場合に、レンタカーを無料で使用できる。この2つのサービスを使える状態にしておかないと、事故時に不便な思いをしたり、余計なお金がかかってしまうことになりかねない。

 ほかにも、現場から帰宅する際の交通費が支払われる「帰宅費用サービス」、当日の帰宅が困難な場合に支払われる「宿泊費用サービス」など、保険会社ごとに様々なサービスが用意されている。

■各社のロードサービスの内容

 では、実際に保険会社が提供している内容を見ていこう。まずイーデザイン損害保険では、レッカーサービス、バッテリー上がり、パンク、鍵開けなどの応急対応、車の引き上げ・引き降ろし、ガソリン配達、電話による故障相談など。アクサ損害保険(アクサダイレクト)では「ペット宿泊費用サービス」もある。

 普段から安全運転を心がけていたり、点検を怠っていなければ、ロードサービスを利用する頻度は低いだろう。だが、万が一の時には非常に役に立つ。自動車保険を検討する際、保険料を意識して選ぶ人が多いかもしれないが、どのようなサービスが用意されているかも忘れずに確認するようにしよう。

>> ■サポートサービスの満足度で選ばれた【自動車保険】1位は…

>> 「病院の処方薬」服用で事故を起こしたら、自動車保険は適用される?

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。