【自動車保険】知っておきたい“ロードサービス” 「JAF」「クレカ付帯」との違いは?


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

ロードサービスの内容は契約会社ごとに異なる。前もって違いを知っておこう [拡大する]

ロードサービスの内容は契約会社ごとに異なる。前もって違いを知っておこう

 一口に「ロードサービス」といっても、どこで契約するかによって受けられるサービス内容などは異なる。車に乗る以上、いつ必要となるかわからないので、あらかじめ違いは知っておきたい。

■ロードサービスとは?

 事故時に自走できなくなれば、修理工場までレッカー移動が必要となる。レッカー車は誰かが用意してくれるわけではなく、ドライバー自身が業者を手配するか、ロードサービスを利用することになる。ロードサービスでは、レッカー移動以外にもパンク修理、ガス欠、脱輪、バッテリー上がり、キー閉じ込み、オイル漏れ、移動交通費サポート、宿泊費サポートなどのサービスを提供している。

■ロードサービスの違い

 ロードサービスを利用するには、提供してくれる会社と契約する必要がある。代表的なタイプの特徴を見ていこう。

【ロードサービス会社】
 JAFなどに代表されるロードサービス会社では、会員となり年会費を支払うことでサービスを利用することができる。会員登録した本人が運転する車なら、一契約でA車、B車と複数台でもサービスを受けることが可能だ。

【自動車保険会社】
 自動車保険に加入することで、ロードサービスは自動付帯となる。年会費などは不要で、保険契約を結んでいる車両のみ有効。基本的に無料でサービスを受けられるが、レッカー移動の無料走行距離を超えるケース、ガス欠補充の無料回数を上回るケースなどは都度実費が発生する。

【クレジットカード付帯型】
 ロードサービス付きのクレジットカードは、ガソリンスタンド系を中心に年会費無料のものから、ゴールドカードまで幅広い。運転者がカードの保有者なら、借りた車でも利用可能とする場合が多い。ロードサービスを利用するために年会費などを支払う必要はないが、レッカー移動の距離が短いなど、見劣りするサービスもある。

 ちなみに、自動車保険のロードサービスであっても、別途JAFに加入していることでレッカー移動距離が長くなったり、雪道・ぬかるみなどによる走行困難時の救援やタイヤチェーンの着脱ができたりするなど、サービスの幅が広がることもある。

■会社ごとに内容に大きな差がある

 ロードサービスは前述した項目が基本となるが、実は細かい内容は契約する会社ごとに大きな差がある。例えば、レッカー移動では次のような具合だ。

【A社】自社指定工場まで無料、距離も無制限。契約者が指定する工場なら50キロまで無料

【B社】自社指定工場に限り50キロまで無料。それ以外は有料

【C社】自社指定工場に限り30キロまで無料。JAF会員は45キロまで無料

 また、すべてのロードサービスの内容は度々変更される。自動車保険であれば、新規加入時はもちろん、毎年の継続時には、保険内容だけでなくロードサービスも含めた見直しを行ったほうが良いだろう。

(文/西村有樹)

>> 万が一の事故に備えて… 商品内容の充実度で選ばれた【自動車保険】

>> 1日のみでも加入可能! レンタル派に便利な「自動車保険」

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。