飲酒運転事故率ワースト1位は沖縄県 運転の心構えと自動車保険

飲酒運転での事故の場合、自動車保険はどうなるのか?(写真はイメージ) [拡大する]

飲酒運転での事故の場合、自動車保険はどうなるのか?(写真はイメージ)

 飲んだら乗るな、乗るなら飲むな。飲酒運転は交通事故のなかでもあってはならないものだ。日本損害保険協会が7月に発表した2016年の「都道府県別飲酒運転事故の状況」によると、原付以上の全事故件数に占める飲酒運転事故率のワースト1位は沖縄県(2.03%)となった。改めて飲酒運転と自動車保険について確認しておきたい。

■被害者には自賠責保険・対人賠償保険から支払われる

 今回の調査によると、沖縄に続き、2位は新潟県(1.54%)、3位は福島県(1.50%)と続いている。ちなみに、飲酒運転事故率が最も低かったのは福岡県(0.43%)であった。

 飲酒運転は重大な法令違反だ。不運にも巻き込まれてしまった場合はどうなるのだろうか。被害者に対しては、被害者救済の観点から、自賠責保険、または、対人賠償保険や対物賠償保険など、任意保険のうち他人の損害を補償する保険については免責(保険金支払いの対象外からは保険金の支払いの対象となる。また、被害者自身が加入している人身傷害保険や無保険車傷害保険等があれば保険金が支払われるケースもある。

■飲酒した運転者自身のケガや車の損害には適用されない

 もし、飲酒運転事故を起こした場合は、飲酒した運転者自身のケガや自動車の損害は保険からは支払われない。これは、搭乗者傷害保険、自損事故保険のほか車両保険などから支払われない事が自動車保険の約款に規定されている。飲酒運転で単独事故を起こしてしまった場合も同様だ。

 飲酒運転で事故を起こすと飲酒した本人は自動車保険だけでなく健康保険からも給付を受けることができず、運転者自身に経済的負担がかかる。さらに、免許取消などの行政処分や道路交通法違反上の罰則が科せられることになる。当然のことながらその時に加入している自動車保険の契約継続は困難になるだろう。

 飲酒運転は被害者だけでなく、運転者自身の人生にも大きく差し障る。取り返しのつかない事態になる前に、自動車を運転する際にはその責任を再度確かめるべきだ。

【文/武藤貴子】
ファイナンシャル・プランナー(AFP)。会社員時代、お金の知識の必要性を感じ、AFP(日本FP協会認定)資格を取得。二足のわらじでファイナンシャル・プランナーとしてセミナーや執筆を行う。独立後はネット起業のコンサルとともに、執筆や個人マネー相談を中心に活動中。著書に『いちばん稼ぎやすい簡単ブログ副業』。
【監修:SAKU】

>>ドライバー2万1264人が選ぶ 満足度の高い「自動車保険」ランキング

>>5年連続ワースト1! 『ハイエース』が盗難される理由

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。