基本を見直し 自動車保険料の“ムダ”をなくすポイント

できることなら自動車保険料は安くしたい ムダをなくす基本的な方法とは(写真はイメージ) [拡大する]

できることなら自動車保険料は安くしたい ムダをなくす基本的な方法とは(写真はイメージ)

 自動車保険料を少しでも安くしたいと思っていても、いったいどこから手をつけたらいいのか、分からないというのが本音かもしれない。安くする方法のなかでも代表的な方法を紹介したい。

■不要なら基本的な補償でも外すこと

 自動車保険に加入する目的は、多額の損害賠償請求に対する備えだろう。基本的な賠償保険は、「対人賠償保険」「対物賠償保険」が無制限で契約することが前提だ。この基本的な考え方に車を利用・同乗する人や頻度などに応じてリスクを検討していくことがムダをなくすコツだ。

 基本的な補償には、次のものがある。「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「自損事故保険」「車両保険」。

 例えば、「対人賠償保険」「対物賠償保険」に「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「自損事故保険」を足したプランの場合は、車両保険を付帯していない。この場合、事故の時は自腹で払う覚悟も必要だ。

 また、車両保険を付帯するなら「一般的なタイプ」「車対車+A」「エコノミータイプ」のうち、補償範囲が狭いエコノミータイプを選ぶという手もある。車が中古車でローンの残高もない、または、運転歴がながく自損事故の心配もないのならこのタイプを選ぶことでムダが省ける。

■ほしい特約、いらない特約を検討

 自動車保険には、オプションとされる“特約”を付帯することで補償を手厚くすることができる。しかし、自動車の利用目的に合わない特約の補償は保険料の“ムダ”につながるので見直しの対象とできる。特約には、基本の補償に自動的に付帯されている「自動付帯特約」と、任意で付帯する「任意付帯特約」がある。なお、特約については全ての保険会社で同じ特約を取扱っているとは限らない。

 代表的な特約には「運転者年齢条件特約」「運転者家族限定特約」がある。運転者年齢条件特約は、運転者の年齢を限定することで保険料の割引をする特約だ。運転者家族限定特約は、運転する人を限定することで保険料の割引をする特約だ。運転者の年齢や運転者自身を限定すれば保険料のムダを省くことができる。

 このほか、自動付帯特約には他車運転危険補償特約がある。任意付帯特約には、ファミリーバイク特約、弁護士費用特約、個人賠償責任特約などがある。

 最近は、インターネットから手軽に契約できるダイレクト型の保険も人気だ。保険料は代理店型に比べて割安なケースがあるのでこちらも見直しの際に検討することで相乗効果が得られそう。

<文/竹谷希美子(ファイナンシャル・プランナーCFP)>
【監修/SAKU】

>><ドライバーの満足度を知る>オリコン自動車保険ランキング

>>「モノ」だけではない? 自動車保険“対物賠償”対象とは

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。