グランピング人気で注目「車泊(くるまはく)」 楽しめる全国スポット4選

自然の中で普通車やキャンピングカーに寝泊まりをしてアウトドア気分が味わえる「車泊(くるまはく)」(写真はイメージ) [拡大する]

自然の中で普通車やキャンピングカーに寝泊まりをしてアウトドア気分が味わえる「車泊(くるまはく)」(写真はイメージ)

 昨今はカジュアルに豪華なキャンプを楽しむ「glamorous(魅力的な)」と「camping(キャンプ)」をかけ合わせた新スタイル“グランピング”が人気だが、その流れを受けて、自然の中で普通車やキャンピングカーに寝泊まりをしてアウトドア気分が味わえる「車泊(くるまはく)」に注目が集まっている。2017年11月には熊本県・長崎県の7地域で、車泊サービスが登場したが、ほかにも、最近は「車泊」を楽しめるスポットが全国に続々と登場している。そこで今回は2017年にオープンした注目の「車泊スポット」を紹介しよう。

■RVパークみどりの村(埼玉県・秩父市)

 都心から車で約2時間、県営公園内にある車泊スポット。木のぬくもりが感じられるログハウス風のカフェも併設されており、敷地内だけでのんびりと過ごせるのがうれしい。アスレチックやテニスコートなどの施設も充実しており、子どもと一緒に思いっきり遊べる。

■RVパーク道の駅猪苗代(福島県・猪苗代町)

 磐梯山と猪苗代湖を一望できる高原の車泊スポット。道の駅内にあるため、ご当地の手打ちそばやスイーツが充実。町内には西久保温泉、西ノ沢温泉を始めとした17の温泉スポットがあり、湯めぐりの拠点としても便利だ。

■RVパーク道の駅のと千里浜(石川県・羽咋市)

 日本で唯一の車で走れる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」に近接。屋外での調理はできないが、地元産の海の幸や野菜が味わえるレストランや農産物直売所がある。パーク内には足湯が完備されており、落ち着いた「車泊」を楽しみたい人にはおすすめのスポット。

■RVパーク今帰仁キャンプ場(沖縄県・国頭郡今帰仁村)

 那覇空港から車で1時間半ほどにある、沖縄北部の海と山に囲まれたキャンプ場。目の前には真っ青なワルミ湾が広がり、釣りやカヤックなどが体験できる。車泊スペースにはウッドデッキがあるので、釣った魚をその場でバーベキューにしていただく…なんて豪快な食事も楽しめる。

 ちなみに、道の駅や駐車場などでの車中泊を禁止している場所もあるので、トラブルにならないためにもあらかじめ調べることも重要だ。アイドリングを止めたりゴミは持ち帰るなど、公共マナーを守って利用しよう。

(前田智行)

>>車を買ったら 満足度が高い【自動車保険】をチェック

>>もはや走るホテル!? 高級感&快適性を極めた「高級キャンピングカー」

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。