「痛車」は自動車保険に入れる? 補償対象外になりうるケースと注意点


【自動車保険ランキング】自動車保険、保険料で選ぶなら?

ボディにステッカーやラッピングを施した「痛車」。自動車保険への加入はできるのだろうか(画像はイメージ) [拡大する]

ボディにステッカーやラッピングを施した「痛車」。自動車保険への加入はできるのだろうか(画像はイメージ)

 自動車に、アニメやゲームなどに関連した装飾を施すなど、好きなようにカスタマイズをする通称「痛車(いたしゃ)」。ボディにステッカーやラッピングを施したり、なかにはエアロパーツなどを取り付けたりするものもあるようだ。愛車を痛車にカスタマイズするときに気になるのが「自動車保険」。そもそも痛車は自動車保険に加入することはできるのだろうか。

■痛車でも自動車保険に入れるケースが多い

 自動車保険はカスタマイズの有無にかかわらず、基本的に「自動車検査証(車検証)」があれば加入自体は可能なところが多いようだ。ただし、車が「不正改造」された場合は、そもそも車検に通らない。整備不良車両として取り締まりの対象となり、当該の付属品、改造部品については自動車保険での補償も受けられない。

 不正改造と聞くと、マフラーの取り外しやホーンの取り付けなどを想像しがちだが、痛車でよく見られる「ステッカー」や「ラッピング」も、貼り付ける場所によっては「不正改造」に当たる場合もある。特にフロントガラスや運転席・助手席の窓ガラスへのステッカーや、光を通す割合を示した「可視光線透過率」が70%未満の着色フィルムなどの貼り付けは、不正改造とみなされるので注意が必要だ。

■愛車のカスタマイズは事前に保険会社に相談を

 合法的にカスタマイズした痛車でも、自動車保険の補償対象外になる可能性もある。たとえば、自動車保険には車の「付属品」も補償対象に含まれる場合が多いが、アニメキャラクターのラッピングやステッカーなどは付属品とみなされないケースは少なくない。そのため、事故で装飾部分が傷ついても、その装飾の修復費用を自動車保険で賄うことは難しいようだ。一方で、合法的なエアロパーツなどの装備品を取り付けている場合、それが自動車にナットやボルトで固定されており、“容易に取り外せない状態”であれば、基本的には自動車保険の補償対象になることが多い。

 なお、保険会社によっては、装飾部分を補償できる保険商品を別途紹介してくれることもあるという。気になる人は、事前に代理店や保険会社に相談してみてはいかがだろうか。

 愛車のカスタマイズが十人十色のように、保険の補償や検討事項にもさまざまなケースが考えられる。万が一のときに大切な愛車を守るためにもカスタマイズする場合には、必ず前もって保険会社や代理店に相談しておこう。

(文・藤あまね)

>>「加入・更新手続き」で利用者に選ばれた自動車保険 No.1は…

>>知ってた? ロードサービスの“JAF”がファッションブランドを展開

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。