自動車保険の等級制度とは 割引率が上下する仕組み

 自動車保険を見直して節約したいときに頭に入れておきたいのが、保険料に大きく影響する「等級」。保険に詳しくない人にもわかりやすく解説していこう。

等級とはどういうものか

 自動車保険の等級とは「等級別料率制度」のことで、「ノンフリート等級制度」と呼ばれることもある。これは、自動車保険の契約車両1台ごとの事故の発生状況に応じて、1等級から20等級(全労済を除く)までの格付けをし、等級によって保険料が割引き・割増しされる制度である。

ちなみに、ノンフリート等級別料率制度は、自動車保険のノンフリート契約(車1台単位の契約)に適用される等級制度のことなので、厳密には「等級別料率制度=ノンフリート等級制度」ではない。しかし、契約者が所有・使用している車が10台以上でフリート契約、10台未満の場合にノンフリート契約が適用されるため、個人向けの一般的な自動車保険は、ほぼノンフリート契約となる。このため、一般個人向けの自動車保険に関する解説では「ノンフリート」を省略し、単に「等級別料率制度」または「等級制度」などと呼ばれることが多い。

【図表】等級別割増引率(継続契約の場合)

等級

無事故

事故有

1等級

+64%

+64%

2等級

+28%

+28%

3等級

+12%

+12%

4等級

−2%

−2%

5等級

−13%

−13%

6等級

−19%

−19%

7等級

−30%

−20%

8等級

−40%

−21%

9等級

−43%

−22%

10等級

−45%

−23%

11等級

−47%

−25%

12等級

−48%

−27%

13等級

−49%

−29%

14等級

−50%

−31%

15等級

−51%

−33%

16等級

−52%

−36%

17等級

−53%

−38%

18等級

−54%

−40%

19等級

−55%

−42%

20等級

−63%

−44%

※参考純率は、事故が発生した際に保険会社が支払う保険金そのものに関わる料金率(純保険料率)の参考値。保険会社はこの数値を参考にして純保険料率を設定している。なお、実際の割引率は、さらに「付加保険料率」と呼ばれる、会社運営に必要な諸経費の率を加えて算出される。

等級がアップ・ダウンするしくみ

 初めて自動車保険を契約する場合、等級は6等級(※)からスタートする。最も優良なのは20等級で、最大63%と保険料の割引率が高く、数字が小さくなるにつれて割引率は低くなる。

 契約期間における事故歴によって、次年度の保険料の割引率や割増率が決定。多くは1年ごとの更新だが、その期間に事故を起こすことがなければ、翌年度に1等級アップし、より高い割引率を得られるので保険料は安くなる。一方で、事故を起こして保険を使用すると、翌年度は原則3等級ダウンし、割増率が適用され保険料は高くなる。
※一定の条件を満たす場合に、7等級からスタートするケースもある。

■事故の有無によって割引率は異なる

等級が同じでも7等級からは、保険料負担を公平にするため前年に事故を起こした「有事故」なのか、または事故を起こしてない「無事故」なのかによって、適用される割引率が区分けされ、同じ等級であっても有事故の方が無事故に比べて割引率が低くなる。この有事故契約者の場合は3年間、事故を起こさなければ無事故契約者と同じ割引率となる。

■20等級で無事故なら翌年の保険料は…

 20等級になり無事故であった場合、次年度の等級は20等級のまま。なお、ノンフリート等級が20等級であり、保険期間中に保険事故(ノーカウント事故を除く)が発生しなかったなど決められた条件を満たす場合、「長期優良割引(保険会社によって名称は異なる)」といって割引が適用される保険会社がある。一方、長期優良割引が廃止となった保険会社もあるので、加入している保険会社に確認してみよう。

■制度改定で事故を起こした人の割引率が低く

 等級制度は2012年4月に改定され、「事故有係数」が導入された。以前は、事故を起こしても無事故でも等級が同じであれば、基本的に同じ割引・割増率だったが、改定により事故を起こした人には「事故有係数」が適用され、無事故の人の割引率より低くなることになった。

 たとえば、13等級のドライバーが事故を起こした場合、翌年は3等級ダウンして10等級になり、割引率は23%となる。ところが、9等級のドライバーが無事故で1等級上がって同じ10等級になった場合、割引率は45%と、その差は22%にも及ぶのだ。

【一例】同じ10等級でも…
事故で等級ダウン 13→10等級 割引率23%
無事故で等級アップ 9→10等級 割引率45%

 ただし、これは事故を起こして保険を使用した場合に限る。事故を起こしても免責の範囲内だったり、免責金額を超えても保険を使わずに自己負担で対応した人には、事故有係数は適用されない。

事故例:事故の種類によって下がる等級が変わる

 事故の種類によって次回の契約に適用される等級が決まる。保険を使った事故1件につき原則として次年度の等級は3つ下がる。それを「3等級ダウン事故」という。ただし、事故の内容によって事故を起こして保険を使っても次年度の等級が3つ下がらず、1つのみ下がる事故「1等級ダウン事故」や、次年度の等級が全く下がらない事故「ノーカウント事故」がある。

 どのような事故によって等級が下がるのか、それぞれの事故例をあげてみる。

【3等級ダウン事故〜保険を使う事故1件につき3等級下がる事故の例〜】
・他人にケガをさせ対人賠償保険金が支払われる事故
・他人の車と接触し、対物賠償保険金が支払われる事故
・車を家の駐車場でぶつけて車両保険金が支払われる事故
たとえば現在の契約が11等級で保険金を使う事故が1件あった場合は、次年度の等級は8等級になる。

【1等級ダウン事故〜保険を使う事故1件につき1等級下がる事故の例〜】
・車が盗難にあって車両保険金が支払われる事故
・台風、洪水など水災に遭い、その被害で車が壊れ車両保険金が支払わる事故
・落書きやいたずらによる車の修理に車両保険金が支払われる事故
たとえば現在の契約が11等級で保険金を使う事故が1件あった場合は、次年度の等級は10等級になる。

【ノーカウント事故〜保険を使う事故があっても等級が下がらない事故の例〜】
・自動車事故で同乗者がケガをして搭乗者傷害保険金が支払われる事故
・原動機付自転車で他人にケガをさせてしまい、ファミリーバイク特約の保険金が支払われる事故
・家族が自転車で他人にぶつかりケガをさせてしまい、個人賠償責任特約の保険金が支払われる事故
ノーカウント事故のみで他に等級が下がる事故を起こしていなければ、次年度の等級は1等級上がる。たとえば現在の契約が11等級であれば次年度の等級は12等級になる。

【図表】事故を起こした場合の等級変動例

(例1)18等級で3等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

15等級

3年目

16等級

4年目

17等級

5年目

18等級

※3等級ダウンの事故1回で計3年間事故有の係数を適用

(例2)18等級で1等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

17等級

3年目

18等級

※1等級ダウンの事故1回で計1年間事故有の係数を適用

(例3)18等級で3等級ダウンする事故を起こし、翌年さらに3等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

15等級(事故発生)

3年目

12等級

4年目

13等級

5年目

14等級

6年目

15等級

7年目

16等級

8年目

17等級

※3等級ダウンの事故2回で計6年間事故有の係数を適用

等級は引き継げる?

 等級をアップさせるためには、無事故(保険を使わない)期間が必要となる。このため「補償内容を変更する、あるいは保険会社を変更する」というような場合、毎回6等級から再スタートしては、ユーザーが大きな不利益を被ることになる。

 このため、自動車保険では「等級の引き継ぎ」を行えるのが一般的だ。保険会社間で等級を引き継ぐ場合、各保険会社と一部の共済組合とのあいだで、前の保険契約に関する情報を交換するネットワーク(自動車保険の等級情報交換制度)があり、異なる保険会社間でも等級が引き継がれるようになっている。そのため、ユーザーは安心して保険の切り替えを検討できるのだ。逆に、事故で等級が大きくダウンした場合も、ほかの保険会社で6等級からやり直すことはできないようになっている。

 なお、保険会社を変更しても等級を引き継げるが、等級アップのタイミングには注意を払う必要がある。等級は1年間無事故ならひとつ上がるが、そのタイミングは満期日となっている。契約期間の途中で保険会社を変更してしまうと等級アップは行われないので、保険会社を切り替える際は満期日で行ったほうが有利になるので覚えておこう。

 なお、切り替える保険会社によっては、「保険期間通算特則」という制度で前保険契約期間と合算して無事故期間として取り扱ってくれる場合もある。そのような制度がないか、変更前に確認してみるといいだろう。

 また、等級の引き継ぎは保険会社間だけでなく契約車両の入れ替えや、家族間でも引き継ぐことができる。自動車保険料を安くするためには、こうした等級のルールや仕組みを把握しておこう。

自動車保険を使わない方がお得なケースがある?

 等級が下がるのは事故を起こして「自動車保険を使った場合」。保険を使わずに自腹で損害を補填した場合は等級は下がらない。そのため、軽微な事故などの場合、等級が下がることで割増される保険料の方が、受け取る保険金より高くなってしまうこともある。事故の損害金額によっては、あえて保険金を受け取らないという選択肢も検討しよう。

 等級は、自動車保険料に大きく影響する。無事故で等級が高いほど保険料はおさえられるので、ぜひ安全運転を心がけ、身を守りながら保険料の節約にもつなげてほしい。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。