自動車保険の「等級」と「割引率」の関係とは?

【自動車保険の等級】割引率が上下する仕組み

自動車保険を見直して節約したいときに頭に入れておきたいのが、等級と割引率。保険に詳しくない人にも分かりやすく解説します。

等級とは

自動車保険の等級は「ノンフリート等級制度」とも呼ばれ、事故の発生状況に応じた等級により、保険料が割引き・割増しされる制度です。

等級には1等級から20等級(全労済を除く)までのランクがあり、新規契約時は6等級からスタートします。しかし、2台目の自動車を所有する場合は、条件を満たせば「セカンドカー割引」が適用され、7等級からスタートできます。

また、契約期間における事故歴によって、次年度の保険料の割引率や割増率が決定します。自動車保険の多くは1年ごとの更新ですが、事故を起こすことがなければ、翌年度に1等級アップし、より高い割引率を得られるので保険料は安くなります。

一方で、事故を起こして保険を使用すると、翌年度は等級ダウンし、割増率が適用されて保険料は高くなります。原則は3等級ダウンしますが、火災や車両の盗難、いたずらによる窓ガラスの破損など、事故の種類によっては1等級ダウンの場合があります。

その他「契約者の危険度を直接的に示すものではない事故」はノーカウント事故として扱われます。このようなケースでは等級が下がることはなく、保険を使用しなかった場合と同様に、翌年度1等級アップします。

等級の割引率は事故の有無によって異なる

最も優良なのは20等級で、保険料の割引率が高く、数字が小さくなるにつれて割引率は低くなります。

ただし、7等級以上は、等級が同じでも保険料負担を公平にするため前年に事故を起こした「有事故」なのか、または事故を起こしてない「無事故」なのかによって、適用される割引率が区分けされます。同じ等級であっても事故有の方が無事故に比べて割引率が低くなります。
【図表】等級別割増引率(継続契約の場合)

等級

無事故

事故有

1等級

+64%

+64%

2等級

+28%

+28%

3等級

+12%

+12%

4等級

−2%

−2%

5等級

−13%

−13%

6等級

−19%

−19%

7等級

−30%

−20%

8等級

−40%

−21%

9等級

−43%

−22%

10等級

−45%

−23%

11等級

−47%

−25%

12等級

−48%

−27%

13等級

−49%

−29%

14等級

−50%

−31%

15等級

−51%

−33%

16等級

−52%

−36%

17等級

−53%

−38%

18等級

−54%

−40%

19等級

−55%

−42%

20等級

−63%

−44%

※参考純率は、事故が発生した際に保険会社が支払う保険金そのものに関わる料金率(純保険料率)の参考値。保険会社はこの数値を参考にして純保険料率を設定している。なお、実際の割引率は、さらに「付加保険料率」と呼ばれる、会社運営に必要な諸経費の率を加えて算出される。
■同じ10等級でも……
事故で等級ダウン 13→10等級 割引率23%
無事故で等級アップ 9→10等級 割引率45%

※事故を起こして保険を使用した場合に限る。事故を起こしても免責の範囲内だったり、免責金額を超えても保険を使わずに自己負担で対応したりした人には、事故有係数(事故有の割増・割引率)は適用されない。

■「事故有」の割増率が適用される期間は?
事故有契約者の場合、以下のように事故の種類によって「事故有」の割増率が適用される期間があります。この期間中に事故を起こさなければ、無事故契約者と同じ割引率になります。

3等級ダウン事故

3年

1等級ダウン事故

1年

ノーカウント事故

加算されない

※事故1件当たりの適用期間
■20等級で無事故なら翌年の保険料は…
20等級になり無事故であった場合、次年度の等級は20等級のままです。なお、ノンフリート等級が20等級であり、保険期間中に保険事故(ノーカウント事故を除く)が発生しなかったなど決められた条件を満たす場合、「長期優良割引(保険会社によって名称は異なる)」といった割引が適用される保険会社があります。一方、長期優良割引が廃止となった保険会社もあるので、加入している保険会社に確認してみましょう。

【図表】事故を起こした場合の等級変動例

(例1)18等級で3等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

15等級

3年目

16等級

4年目

17等級

5年目

18等級

※3等級ダウンの事故1回で計3年間事故有の係数を適用

(例2)18等級で1等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

17等級

3年目

18等級

※1等級ダウンの事故1回で計1年間事故有の係数を適用

(例3)18等級で3等級ダウンする事故を起こし、翌年さらに3等級ダウンする事故を起こした場合の等級変化

無事故係数適用

事故有係数適用

1年目

18等級(事故発生)

2年目

15等級(事故発生)

3年目

12等級

4年目

13等級

5年目

14等級

6年目

15等級

7年目

16等級

8年目

17等級

※3等級ダウンの事故2回で計6年間事故有の係数を適用
>>詳細は「自動車保険の等級 下がる事故と下がらない事故」をチェック

自動車保険を使わない方がお得なケースも

等級が下がるのは事故を起こして「自動車保険を使った場合」。保険を使わずに自腹で損害を補填した場合、等級は下がりません。そのため、軽微な事故などの場合、等級が下がることで割り増しされる保険料の方が受け取る保険金より高くなってしまうこともあるのです。事故の損害金額によっては、あえて保険金を使わない選択肢も検討しましょう。

等級は引き継げる

等級をアップさせるためには、無事故(保険を使わない)期間が必要です。このため「補償内容を変更する、あるいは保険会社を変更する」というような場合、毎回6等級から再スタートしては、ユーザーが大きな不利益を被ることになります。

このため、自動車保険では「等級の引き継ぎ」を行えるのが一般的です。保険会社間で等級を引き継ぐ場合、各保険会社と一部の共済組合との間で、前の保険契約に関する情報を交換するネットワーク(自動車保険の等級情報交換制度)があり、異なる保険会社間でも等級が引き継がれるようになっています。

そのため、ユーザーは安心して保険の切り替えを検討できるのです。逆に、事故で等級が大きくダウンした場合も、他の保険会社で6等級からやり直すことはできないようになっています。

なお、保険会社を変更しても等級を引き継げますが、等級アップのタイミングには注意を払いましょう。等級は1年間無事故なら1つ上がりますが、そのタイミングは満期日となっています。
契約期間の途中で保険会社を変更してしまうと等級アップは行われないので、保険会社を切り替える際は満期日で行った方が有利になることを覚えておきましょう。

■車両の乗り換え・家族間でも等級を引き継げる
等級の引き継ぎは保険会社間だけでなく、契約車両の乗り換えや家族間でも引き継ぐことができます。自動車保険料を安くするためには、こうした等級のルールや仕組みを把握しておきましょう。

等級の割引率を理解して、保険料の節約につなげよう

等級は、自動車保険料に大きく影響します。無事故で等級が高いほど保険料は抑えられるので、ぜひ安全運転を心掛け、身を守りながら保険料の節約にもつなげてくださいね。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

当サイトで公開されている情報(文字、写真、イラスト、画像データ等)及びこれらの配置・編集および構造などについての著作権は株式会社oricon MEに帰属しております。これらの情報を権利者の許可なく無断転載・複製などの二次利用を行うことは固く禁じております。