「車両保険」には入るべき?

 車両保険は、被害者を想定した自賠責保険や一般的な任意保険とは異なり、自分の車に対して補償をかける保険です。車両保険に入っておけば安心ではあるものの、その分、保険料が高くなりますので悩む人も多いはず。ここでは、車両保険に関する基本事項を紹介しながら、どのような場合に入るべきかを解説します。

車両保険の代表的な2つのタイプ

 車両保険には「一般条件」と「車対車+限定A(保険会社によって車対車+Aやエコノミーという呼び方もあります)」という2つのタイプがあります。

 一般条件は万能型の車両保険で、補償範囲が最も広く、ほとんどの車両事故が補償対象になります。

 車対車+限定Aは、車同士の事故に限定した車両保険です。しかし、「当て逃げ」や「事故相手を特定できない場合」など、支払い対象にならない規定もいくつか設けられています。なお、車同士がメインの保険ですが、盗難や自然災害による破損はカバーされます。

 車対車+限定Aは一般条件に比べて補償範囲が限定されますが、その分保険料はリーズナブルです。そういった理由から「エコノミータイプ」などと呼ばれることもあります。

補償額と保険料は車の「時価」によって決まる

 車両保険の保険金支払い額は、車の初年度登録から計算した時価で判断されます。車が古くなれば市場価格は年々下落しますので、新車のときには200万円まで補償されていても、数年後には100万円まで、さらに数年後には50万円までと、次第に補償金額が下がっていきます。したがって、たとえ全損事故を起こしても、支払われる金額が市場価格を上回ることはないのです。

 また、車の市場価格が下がるにつれ、保険料は安くなっていきます。ですから、補償金額が少なくなれば、自動車保険全体を見直す際に「車両保険を外す」という選択肢も出てきます。もちろん、保険を外せば、事故や天災、いたずらなどで車に故障・破損が発生しても、自己負担で修理対応をすることになりますので、補償金額と保険料のバランスを考えて検討しましょう。

免責をつけることで保険料が安くなる

 「車対車+限定A」であれば、リーズナブルに車両保険に入れることをご紹介しましたが、もう一つのポイントとして、加入の際に設定する「免責」で保険料を安く抑える方法があります。

 免責とは、補償金額のうち一定金額を契約者が自己負担することを指し、この金額は契約者自身が設定します。例えば、「補償金額が200万円で免責1回目5万円」という車が、修理で20万円かかった場合、保険会社から支払われるのは15万円で、残りの5万円は契約者の自己負担になります。この免責金額を高く設定するほど、保険料を安くすることができるのです。

 免責金額の設定に際しては、万が一、急に車の修理が必要になった場合に、すぐに用意できる出せる金額をイメージするのがよいでしょう。一般的な車同士の事故などでは対物補償が認められますので、必ずしも多額の自己負担が発生するとは限りません。軽微な故障であれば、保険を使わずに自己負担で済ませるという手もあるのです。年間保険料を安く抑えたいのであれば、免責金額を「1回目5万円、2回目以降10万円」など、高めに設定しておくのもよい方法です。

車両保険が有効なケース

 リーズナブルな車両保険があるといっても、負担が大きいことに変わりはありません。そこで、車両保険が有効なケースを見ることで、車両保険が自分に必要かどうかを考えてください。

■新車を購入した場合

 数百万円の車を購入してすぐに、誰にも賠償を請求できない自損事故で大破……こういう場合、車両保険に入っていなければ、車の価値は一瞬でゼロになってしまいます。それだけではありません。現金で一括購入していれば価値がゼロになるだけで済みますが、ローンで購入していると、さらに多額の出費を強いられるのです。実は、廃車にする際にはローン残債の清算が必要となります。つまり、残りのローン金額すべてを一括で支払わなければならないということ。そういう事態にならないように、ローンで購入する際は、車両保険に入るほうが安心です。

■事故発生後、過失割合の調整が難航した場合

 車同士の事故による故障・破損であれば、過失割合に応じて相手の対物賠償保険から金額が支払われる形になります。この場合、車両保険に入っていなければ、自分の過失による割合分は自己負担になります。また、相手との交渉が難航すれば、お互いの過失割合が決まらず、相手からの支払いも遅れます。結果的に、車の修理代金を一時的に全額負担しなければいけないケースもあるのです。

 しかし、車両保険に入っていれば、自分の過失割合分が補償されるのはもちろんのこと、交渉が難航した際には、「車両先行払い」として、保険会社から一時的に車両保険の支払いを受けることも可能です。交渉は長くかかってしまうこともありますから、車両保険はその精神的・経済的負担を補うものといってよいでしょう。

車両保険は新車購入時に入っておきたい保険

 以上のことから、車両保険は高額の新車購入時やローン購入の際、入っておきたい保険だということがいえるでしょう。新車購入時であれば、10%程度保険料の割り引きを行っている保険会社もありますので、「高いから」と思い込まず、まず見積もりを取ってみてください。

自動車保険を比較する

個別or一括見積もり 違いを比較

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。