困ったときの強い味方、自動車保険とロードサービスについて

  • 【画像】ロードサービス

 車の運転にまつわる突然のトラブルで、強い味方となってくれるのが「ロードサービス」です。「タイヤのパンク」「バッテリー上がり」など、急なトラブルのときに、すぐに駆けつけてくれる頼もしい存在です。ロードサービスは、会員制の「JAF」が一般的ですが、実はその他にも、無料でロードサービスを利用できる場合があります。

 なかでも、自動車保険に加入することで利用できるロードサービスは、便利なので要注目です。最近はサービスの範囲も広がり、各保険会社間の競争も激しくなっています。

 今や自動車保険を選ぶうえでも見逃せないロードサービスについて、その概要やJAFとの比較、また、注意しておきたい点などをわかりやすく解説していきます。

ロードサービスの基本をチェック!自動車保険のロードサービスとは?

「ロードサービス」とは、事故・故障の際の「レッカーけん引」や、事故以外のさまざまな車のトラブルの際に駆けつけて対処してくれるサービスのことです。

【ロードサービスが役に立つ車のトラブル】
・バッテリー上がり
・キーの閉じ込み
・パンクによるスペアタイヤへの交換
・ガス欠

 ロードサービスの代表的なものには「JAF(一般社団法人日本自動車連盟)」があります。また最近では、自動車保険に加入することでロードサービスも自動的に付帯される保険会社が多くなりました。その内容も充実しており、コールセンターなどを通じて、各保険会社が独自に提携しているロードサービスを利用することができます。契約内容から車の情報も伝わるなど、いざという時に便利です。

 ただし、自動車保険のロードサービスは、各保険会社により対応の範囲がさまざまです。例えば、「ガス欠」のケースで、燃料運搬サービスは無料でも、ガソリン代は自己負担という場合もあります。また、「レッカーけん引」の際に無料で対応可能な距離や一事故あたりの限度額も、保険会社によって大きな違いがあります。さらに、事故や故障の際に必要となった臨時の移動や帰宅のための費用や宿泊費用などは、ロードサービスで補償される会社もありますが、特約として別途付帯が必要な会社や、反対に、ロードサービスを提供しないで保険料を抑える保険会社もあります。

 このように、ロードサービスの提供内容や補償の範囲は、それぞれの保険会社ごとに、大きな違いがあります。また、自動車保険は商品内容の改定も多く、特にロードサービスは、各社が特色を打ち出しやすいので、今後も頻繁に内容の変更があると予想されます。そのため、自動車保険のロードサービスの内容を一律に比較する場合は注意が必要です。

保険料でチェック! 自動車保険顧客満足度ランキング>>

自動車保険のロードサービスとJAFを比較

 代表的なロードサービスのJAFと、自動車保険に付帯されるロードサービスでは、どのような違いがあるのでしょうか。

 いちばん大きな違いは「補償の対象」です。JAFは会員制なので補償の対象が「人」になります。一方、自動車保険の対象はあくまでも「車」です。そのため、JAFの場合は個人会員であれば、保険契約の車以外の友人の車や会社の車、レンタカーなどを運転、もしくは同乗している場合でも(契約者や家族会員)サービスの対象となります。反対に、自動車保険に付帯されるロードサービスは、補償の対象が「車」なので、契約者以外の人が運転していても、保険の適用範囲の人である限り、ロードサービスを使うことができます。

 以下にそれぞれのロードサービスの主な特色を紹介します。

自動車保険のロードサービス
・保険期間中の利用回数に制限がある場合あり。ただしロードサービスを利用しても等級には関わらない
・自然災害のうち、地震、噴火、津波に起因する場合は基本対象外
・雪道、ぬかるみ、砂浜などによるタイヤのスタック(空回り)は対象外の場合が多い
・自動車保険のファミリーバイク特約で補償されている125t以下の二輪車や原付バイクは対象外

JAFのロードサービス
・会員の場合は一部を除き原則回数制限なしで無料。ただし入会金や年会費が必要
・自然災害に起因した事故・故障も対象
・タイヤチェーンの装着、パンクの応急修理も対象
・二輪車や原付バイクも補償対象

 最近では、自動車保険会社がJAFと連携している場合もあり、すでにJAFの会員ならば、さらに会員限定の優遇サービスを受けられる保険会社も増えています。より手厚いサービスが受けられますので、どちらかひとつのロードサービスだけの場合に比べ、補償範囲が大きくなり、もしものときに安心です。

ロードサービスに入っていない場合は、緊急時にどうなるの?

 ロードサービスに何も加入していない状態で、パンクやバッテリー上がりなどのトラブルが起きた場合には、いったいどうすればよいのでしょうか。

 実はJAFは、会員でなくても電話連絡をすれば、対応してくれます。ただし、料金はもちろん発生します。

【バッテリー上がりにかかる費用概算】

条件

JAF会員

非会員

昼間の一般道

無料(入会金・年会費が必要)

1万2880円(基本料:8230円 作業料:4650円)

夜間の高速道路

無料(入会金・年会費が必要)

2万4190円(基本料:1万9540円 作業料:4650円)

※出動の際の高速料金やバッテリー交換が発生した場合は別途費用がかかります

 もちろん自分自身で直接修理工場などに連絡する方法もあります。その場合でも、料金はそれなりにかかりますし、値段交渉も必要になるかもしれません。実際にトラブルが発生して、ロードサービスを利用してはじめて重要性を実感することになるでしょう。

 近頃では、JAFや自動車保険以外にも、さまざまなところでロードサービスの提供が行われています。例えば、クレジットカードの付帯サービスや、ディーラーでの新車購入にともなうサービス、大手の中古車販売店で購入した場合などです。

 自分の現状や運転の傾向と照らし合わせ、ロードサービスが重複していないか、あるいは不足しているところはないか確認することをおすすめします。すでに自動車保険に加入中でも、保険会社によっては、ロードサービスが自動的に付帯されない場合や、車両保険を付帯していないと利用できないサービスもありますので、契約内容をよく確認しておきましょう。

 また、自動車保険の中には、ロードサービスをセットしないことを選べる保険会社もあります。補償状況が重複しているようであれば、そのような自動車保険を選ぶことも選択肢のひとつです。

自動車保険を比較する

必要な情報を入力して金額を出す「見積もり」は、契約前に欠かせないものすが、実は個別と一括で大きな違いが。自分に合う形で申し込んでください。

→ 自動車保険の一括見積もりはこちら

→ パターンで比較!個別見積もりのとり方

→ ユーザーが比較の際に重視した項目

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。