自動車保険のロードサービス サービスの種類とJAFとの違い

自動車保険のロードサービス サービスの種類とJAFとの違い

自動車がトラブルに遭った際、助けてくれる「ロードサービス」。その内容はどのようなものか。また、JAFやクレジットカード付帯型のものと自動車保険会社のものとで提供内容に違いはあるのだろうか。いざという時にあわてないよう、あらかじめ確認しておこう。

ロードサービスとは

 ロードサービスとは、事故・故障の際のレッカーけん引や、事故以外のさまざまな車のトラブルの際に駆けつけて対処してくれるサービスのことだ。事故時に自走できなくなれば、修理工場までレッカー移動が必要となる。レッカー車は誰かが用意してくれるわけではなく、ドライバー自身が業者を手配するか、ロードサービスを利用することになる。最近はサービスの範囲も広がり、各保険会社間の競争も激しくなっている。

保険会社の3つのロードサービス

ロードサービス1:ガス欠、キー閉じ込みなどの緊急トラブル対応
 ガス欠、パンク、落輪、駐車中のバッテリー上がりやキー閉じ込みといった緊急トラブルに対し、現場で応急処置を行ってくれるサービス。専門スタッフが現場にスムーズに到着できるよう、位置情報サービスと連携している保険会社が多い。

ロードサービス2:レッカー移動・レンタカー費用の負担
 故障や事故で車が自力走行不能となった場合、現場にレッカー車を出動させ、修理工場まで牽引・搬送するサービスも行われている。緊急に代車が必要となった際には、レンタカーの基本代金も負担してくれる保険会社もある。

ロードサービス3:帰宅・宿泊費用の負担
 レッカー移動後などで交通手段がない場合、現場から自宅までの公共交通機関による交通費を支払うサービス。当日の帰宅が困難であれば、現地での宿泊費用(原則として最寄りのビジネスホテルクラスの宿泊実費)も負担してくれる。

保険会社ごとに内容に大きな差があるので注意

 ロードサービスは前述した項目が基本となるが、実は細かい内容は契約する会社ごとに大きな差がある。たとえば、レッカー移動では次のような具合だ。

【A社】
自社指定工場まで無料、距離も無制限。契約者が指定する工場なら50キロまで無料
【B社】
自社指定工場に限り50キロまで無料。それ以外は有料
【C社】
自社指定工場に限り30キロまで無料。JAF会員は45キロまで無料

JAF、保険、カード付帯の違い

 ロードサービスを利用するには、提供してくれる会社と契約する必要がある。代表的な特徴とともに各社に違いを確認していこう。

【ロードサービス会社】
 JAFなどに代表されるロードサービス会社では、会員となり年会費を支払うことでサービスを利用することができる。会員登録した本人が運転する車なら、一契約でA車、B車と複数台でもサービスを受けることが可能だ。

【自動車保険会社】
 自動車保険に加入することで、ロードサービスは自動付帯となる。年会費などは不要で、保険契約を結んでいる車両のみ有効。基本的に無料でサービスを受けられるが、レッカー移動の無料走行距離を超えるケース、ガス欠補充の無料回数を上回るケースなどは都度実費が発生する。

【クレジットカード付帯型】
 ロードサービス付きのクレジットカードは、ガソリンスタンド系を中心に年会費無料のものから、ゴールドカードまで幅広い。運転者がカードの保有者なら、借りた車でも利用可能とする場合が多い。ロードサービスを利用するために年会費などを支払う必要はないが、レッカー移動の距離が短いなど、見劣りするサービスもある。

 保険会社を選ぶときは、保険料や事故時の対応だけでなく、提供するロードサービスの内容についても比較・検討しておこう。

自動車保険選びのポイント

任意保険には、対人・対物賠償や人身傷害補償、車両保険などさまざまな種類があります。事前にチェックして重視する補償を決めることが大切です。

自動車保険会社は、ダイレクト系と代理店系の2つに大きくわけられます。双方のメリット・デメリットをきちんと踏まえて選びましょう。

人身事故の最高賠償金額は約5億円。物損事故でも約3億円にのぼるケースがあります。まずは実際の事故事例を見て任意保険の必要性を知りましょう。

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。