oricon MEでは、2006年からさまざまな産業で顧客満足度調査を実施しています。 当業種においては、31社を対象に調査を行い、過去4年以内に実際にMVNO(SIM)を利用した3,842名の方からの回答を得ました。

MVNO(SIM)の顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP
評価項目別
オプション別
プラン別

付帯サービス 満足度ランキング

1位

楽天モバイル(楽天コミュニケーションズ)

54.74

月額料金が以前に比べて三分の一以下になった。(50代/女性)

2位

BIGLOBE LTE・3G(ビッグローブ)

52.60

通信費が安く抑えられる。(40代/男性)

3位

OCN モバイルONE(NTTコミュニケーションズ)

48.84

ターボ切替機能が良い。 料金体系が良い。(40代/男性)

4位

BIC SIM(ビックカメラ)

44.71

docomoのネットワークを使っているので、つながりやすかった。(30代/女性)

5位

mineo(ケイ・オプティコム)

43.59

キャンペーンがお得だった。(30代/男性)

6位

IIJmio(インターネットイニシアティブ)

40.18

3GBで1000円以内の金額は魅力。(40代/男性)

7位

U-mobile(U-NEXT)

40.10

手軽、料金体系の変更があった。(50代/男性)

8位

ServersMan SIM LTE(トーンモバイル)

38.43

料金は安いが問題なく使えている。(50代/男性)

9位

BB.exciteモバイルLTE(エキサイト)

36.48

月々の料金の節約になる。(30代/女性)

10位

b-mobile(日本通信)

34.68

とにかく基本使用料が安い。(30代/男性)

調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン日本顧客満足度ランキングは、
実際にサービスを利用した
158万人の調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン日本顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!
オリコン日本顧客満足度調査とは

回答者総数
3,842

このMVNO(SIM)ランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ランキングの対象について

第1階層:情報通信業
第2階層:通信業
第3階層:移動電気通信業
ランキング階層:MVNO(SIM)

※総務省告示として制定された『日本標準産業分類』を基礎にOCSが独自に細分化した業界階層です。

調査概要

事前調査
2015/06/16〜2015/08/27
更新日
2015/12/01
回答者数
3,842人
規定人数
80人以上
調査企業数
31社
定義
大手通信事業者から通信回線を借りて自社ブランドで通信サービスを展開している「MVNO(仮想移動体通信事業者)」の“SIMブランド”が対象。
調査期間
2015/08/28〜2015/09/04
2014/10/08〜2014/10/15
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上 地域:全国 条件:過去4年以内にMVNO(SIM)を3ヶ月以上継続して利用したことがあり、かつMVNO(SIM)の選定に関与した人

※オリコン日本顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れたサンプルを除外した上で作成しています。
≫ 詳細はこちら

過去ランキング