調査対象企業13社 実際の利用者3,001人に調査

2019年、「賃貸情報サイト」の顧客満足度ランキングは、4年連続【SUUMO(スーモ)】が1位でした。昨年は全評価項目のすべてで1位を獲得していましたが、今年は4項目で1位を獲得し、残りの「検索のしやすさ」で【LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)】が1位となりました。総合満足度に強く影響する要素として、「物件情報の充実度」以上に、「サイトの使いやすさ」や「検索のしやすさ」が影響していることがデータから分かりました。

賃貸情報サイトの顧客満足度を項目別に並び替えて比較することが出来ます。

TOP ランキングTOP
評価項目別 サイトの使いやすさ 検索のしやすさ 物件情報の充実度 特集・キャンペーン 問い合わせのしやすさ
男女別 男性 女性
家族構成別 一人暮らし 夫婦・カップル ファミリー

賃貸情報サイト ランキングTOP

1位

SUUMO(スーモ)

68.61
サイトの使いやすさ
72.05点
検索のしやすさ
69.83点
物件情報の充実度
68.55点
特集・キャンペーン
60.39点
問い合わせのしやすさ
68.98点
2位

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

68.28
サイトの使いやすさ
71.98点
検索のしやすさ
69.86点
物件情報の充実度
68.19点
特集・キャンペーン
59.08点
問い合わせのしやすさ
68.66点
3位

at home(アットホーム)

66.77
サイトの使いやすさ
69.64点
検索のしやすさ
68.23点
物件情報の充実度
66.74点
特集・キャンペーン
58.30点
問い合わせのしやすさ
67.74点
4位

CHINTAI

65.66
サイトの使いやすさ
68.36点
検索のしやすさ
66.74点
物件情報の充実度
65.24点
特集・キャンペーン
58.23点
問い合わせのしやすさ
66.91点

高評企業

規定人数の半数以上の回答があり、総合得点が60.00点以上の企業です。

検索される物件数が他のサイトよりも多い。(60代以上/男性)

マイナビという有名な名前だったので下手な情報は載せないところ。(30代/女性)

賃貸情報サイト 利用者3,001人が重視した項目

検索のしやすさ
36.8%
物件情報の充実度
27.81%
サイトの使いやすさ
22.39%
問い合わせのしやすさ
8.76%
特集・キャンペーン
4.25%

重視項目とはユーザーが、商品やサービスを利用・選定する際に重要視した項目を調査したデータです。数字の大きい項目ほど、重要視している結果となります。

調査データのご提供 顧客満足度ランキング作成時に調査した、集計データ・調査レポートごご提供いたします。

オリコン顧客満足度ランキングは、
実際の利用者が評価した調査に
基づいています。

調査方法を詳しく見る

2015年度オリコン顧客満足度ランキング
モニター会員に登録してオリコンランキングに参加しよう!

知っておきたい!賃貸情報サイト

賃貸情報サイトとは

賃貸情報サイトの特長

「賃貸情報サイト」は、賃貸のマンションやアパートなどの物件情報はもちろんのこと、住まいにまつわる特集ページも充実している点が特長です。
「賃貸情報サイト」の魅力は、なんといっても複数の賃貸物件の情報をインターネットを通じて得られることです。わざわざその賃貸物件がある街に行かなくても、おおよその雰囲気をつかむことができますし、気に入った賃貸物件があれば、そのサイトを通じて下見などの問い合わせもできます。
賃貸物件を探すときにも、家賃や間取り、最寄り駅から徒歩何分、築何年といった細かい条件で絞り込むこともできるので、住みたい賃貸物件情報をスムーズに探し出すことができます。

賃貸情報サイトを選ぶポイント

本来の目的は「賃貸情報サイトを利用すること」ではなく、賃貸情報サイトを利用して「住みたい賃貸物件を見つける」ということですので、色々な賃貸情報サイトで賃貸物件を探してみることが大切です。大手サイトは取り扱っている賃貸物件数も多いので、同じ賃貸物件が掲載されていることも珍しくないでしょう。その場合は、どこのサイトを利用しても同じということが言えますので、キャンペーンやサービスの違いで選ぶというのもありかもしれません。
そうは言っても、各社サイトデザインが違ったり、条件検索の使い勝手が違ったりと、特色があるのも事実です。
賃貸物件探しは少し時間のかかる作業ですので、自分にとって使いやすい賃貸情報サイトを利用しましょう。

賃貸情報サイトを利用するときの注意点

「賃貸情報サイト」に掲載されている賃貸物件が必ずしも入居可能ではないということもあるようです。いわゆる「おとり物件」と呼ばれるもので、その物件をエサにして不動産店舗に来店してもらうという悪質な手口のことです。
また「おとり物件」として掲載している訳ではないものの、入居が確定した物件情報がうまく運営サイト側に伝わらず、その物件の掲載が残ってしまい、結果的におとり物件になってしまうというケースもあるようです。
見極めることは難しいかもしれませんが、有名サイトから賃貸物件の問い合わせをしても、問い合わせ先はそのサイトとはまったく別の会社であるということをしっかり覚えておきましょう。

オリコン顧客満足度調査とは

サンプル数
3,001

この賃貸情報サイトランキングは、
オリコンの以下の調査に基づいています。

ジャンル・ランキング定義
調査詳細について

調査概要

事前調査
2019/02/11〜2019/05/20
更新日
2019/10/01
サンプル数
3,001人(調査時サンプル数4,061人)
規定人数
100人以上
調査企業数
13社
定義
賃貸マンション・賃貸アパートなどの全国の不動産賃貸情報を取り扱っており、WEBサービスを展開している企業(※物件情報を借主に紹介し、不動産会社、賃貸情報店舗に借主を送客する「代理店」を業とする)。よって、店舗展開を行っている企業は対象外とする。
調査期間
2019/05/21〜2019/05/27
2018/06/15〜2018/06/19
2017/05/31〜2017/06/05
調査対象者
性別:指定なし 年齢:18歳以上(高校生を除く) 地域:全国 条件:過去3年以内に賃貸情報サイトで住宅を探して入居した人。

※オリコン顧客満足度ランキングは、データクリーニング(回収したデータから不正回答や異常値を排除)
 および調査対象者条件から外れたサンプルを除外した上で作成しています。
※N≧100を基準として企業を抽出し、その中で最も回答者数の少ない企業の回答者数の90%以上をランクイン対象及び規定人数とします。
※ランキングTOPにランクインしている企業が、部門別ランキングにおいて規定人数未達によりランクインしない場合がございます。
※部門別ランキングは、規定人数未達によりランキングを発表しない場合がございます。
≫ 詳細はこちら

設問内容 アンケート調査を実施した際の質問事項です。満足度評価項目のほか、該当サービスの利用状況や検討内容を質問しています。

調査企業

過去ランキング

推奨意向

再利用意向