京都大学、トマトから脂肪肝や高中性脂肪改善に有効な成分を発見

京都大学はトマトに脂肪肝や高中性脂肪血症などの改善に有効な新規成分があることを発見した。 [拡大する]

京都大学はトマトに脂肪肝や高中性脂肪血症などの改善に有効な新規成分があることを発見した。

 京都大学は10日、脂肪肝や高中性脂肪血症などの改善に有効な新規成分がトマトに含まれていることを確認したと発表した。トマトにはカロテンやリコペンなどの抗酸化成分があることは知られているが、メタボリックシンドロームの改善に有効な成分を発見したのは初めて。

 同研究は同大大学院農学研究科の河田照雄教授らの研究グループと、財団法人かずさDNA研究所の柴田大輔部長、日本デルモンテ、千葉県農林総合研究センターが共同で実施。肝細胞などを用いた解析で発見した高脂肪食与えた肥満マウスに新成分を投与したところ、血中および肝臓中の中性脂肪量の上昇を抑制したほか、脂肪燃焼が高まったという。

 「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど健康野菜として世界中で知られるトマトだが、新たな成分発見でメタボリックシンドローム予防の効果も期待される。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン日本顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。