AKB48初の“切手化”に高橋みなみら大喜び「舐めてもらえれば!」

AKB48(左から峯岸みなみ、高橋みなみ、渡辺麻友) (C)ORICON DD inc. [拡大する]

AKB48(左から峯岸みなみ、高橋みなみ、渡辺麻友) (C)ORICON DD inc.

 人気グループ・AKB48高橋みなみ峯岸みなみ渡辺麻友が7日、都内で行われた『AKB48チーム別フレーム切手セット』の記者発表会に出席した。今回、チームA、K、Bの3種類でAKB48が初めて切手になり、チームA代表の高橋は「まさか自分たちが切手になるとは思わなかった。とても光栄です。チームごとの“切手総選挙”ですよね」と大喜び。切手は“舐めて”貼ることもあり、チームKの峯岸は「握手会でそういう行為は禁止されてるので、切手だけでも舐めてもらえれば」とサービストークで笑わせた。

 『AKB48チーム別フレーム切手セット』は「チームAバージョン」、「チームKバージョン」、「チームBバージョン」の3種類で、各16名のメンバー全員がフレーム切手に。特製プレミアムホルダー、ポストカード、レターセット、通帳ケースがセットになり、8日(火)より申し込み受付を開始する。

 峯岸は「きっと一生で切手になれる人の方が少ない。感動です。おばあちゃんや家族をはじめ、いろんな世代の人に自慢できる」と興奮した様子で語り、高橋も「切手って、歴史上の人がなるものですよね? そこに食い込めたかな」と自信。渡辺自身も「今年の夏に発売された『ベルサイユの薔薇』の切手を発売日に買いに行きました。大好きなので大事にコレクションしています」と明かし、「AKB48の切手を通して、手紙という大切な文化をこれから伝えていきたいです」と意気込んでいた。

 フレーム切手は秋葉原AKB48劇場で展示している「壁写」を採用し、チーム別メンバーの集合写真、ライブ写真を使用。また抽選で480名にメンバーの直筆サイン入りポストカードが当たるプレゼントキャンペーンを展開。さらに、5名に全48メンバーのサイン入りポストカードが当たるウルトラプレミアムチャンスキャンペーンも行われる。

SKE48の木崎ゆりあ、小木曽汐莉が出演!映画『ギャルバサラ−戦国時代は圏外です−』チケット発売情報

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について