2011年“赤ちゃんの名前”1位は男児「大翔」、女児「結衣」 〜ベネッセ調べ

2011年赤ちゃんの名前ランキング、1位は男の子「大翔」、女の子は「結衣」 ※データ出典:ベネッセコーポレーション [拡大する]

2011年赤ちゃんの名前ランキング、1位は男の子「大翔」、女の子は「結衣」 ※データ出典:ベネッセコーポレーション

■ランキング結果一覧

 ベネッセコーポレーションが展開する妊娠・出産・育児事業「たまひよ」は1日、今年誕生した新生児3万4500人を対象に調査した、恒例の『赤ちゃんの名前ランキング』を発表した。男の子は09年以来の首位返り咲きとなる【大翔(ひろと)】、女の子は【結衣(ゆい)】が初の1位を獲得。今年は、先行き不透明な経済不況に加え、甚大な被害をもたらした東日本大震災の発生が影響したのか、“人との結びつき”を願う「結」や「愛」、“力強く明るい人生”を期待する「希」、「陽」といった漢字を使った名前が目立った。また、キュートな笑顔に多くの人が釘付けとなった人気子役・芦田愛菜の活躍で、【愛菜(まな)】が昨年43位から7位へと急浮上している。

 男の子部門1位の【大翔】は、05年の調査スタート時から常に上位に選ばれてきた根強い人気を誇る名前。どんな困難に見舞われても大きく羽ばたくような人に育ってほしいという親の願いが感じられる。次いで、2位に昨年1位の【蓮(れん)】、3位には【悠真(ゆうま)】(昨年4位)と常連の名前が続いた。また、震災や不景気などの影響で将来への不安が高まるなか、6位【翔太(しょうた)】(13位)、9位【陽翔(はると)】(18位)のように、未来への成長や活躍を期待する名前が昨年に比べ順位を上げている。

 一方、女の子部門で初栄冠に輝いたのは【結衣】。女の子をもつ親のなかには、人と人との結びつきに重点を置く人が多く、3位に【結愛(ゆあ)】、5位に【結菜(ゆいな)】がTOP10入りするなど、“結”という漢字を使った名前に人気が集まった。その年ごとに活躍した有名人の名前が注目される傾向にあるが、今年は弱冠7歳ながら映画やドラマ、さらには歌番組と活躍の場を広げる芦田にスポットが当たり【愛菜】人気が急上昇。同社は、彼女の周囲に明るい笑顔を与える力に加え、漢字や音の響きの魅力も相まって支持率アップにつながったと分析している。

※【 】の名前( )内は主な読み方を記載しています。

■「たまひよ」名前ランキング
調査対象:2011年1月1日〜10月31日の間に誕生した赤ちゃん
調査人数:3万4500人(男の子:1万7959人/女の子:1万6541人)


⇒過去の「赤ちゃんの名前ランキング」一覧
2010年■2009年■2008年■2007年

◆「たまひよ」公式サイト
ランキング詳細や 名付けの“ヒント”も紹介



■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について