新型PS3、発売から3週間で全世界実売台数100万台突破

全世界で100万台を突破した新型『プレイステーション 3(PS3)』  [拡大する]

全世界で100万台を突破した新型『プレイステーション 3(PS3)』 

■その他の写真ニュースはこちら

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは24日、新型『プレイステーション 3(PS3)』の全世界での実売台数が100万台を突破したと発表した。同商品は2006年11月に発売された「PS3」の新型モデルで、北米・欧州・アジア地域で今月1日、日本国内で3日に発売を開始していた。

 同商品は初期モデルより体積、厚さ、重量など約3分の2の薄型・軽量化に成功したほか、120GBの大容量HDDを搭載しながらも日本国内では2万9980円(税込)、北米299USドル、欧州299ユーロと、80GバイトHDD内蔵の従来機より1万円値下げされている点が特徴。

 同社は「年末年始の商戦期に向けてソフトウェアメーカー各社およびSCEワールドワイド・スタジオから続々と発売される魅力的なソフトウェアラインアップを軸に、限定同梱パックなどのマーケティング施策を積極的に展開する」としている。

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について