セブン-イレブンが行政サービスを開始〜マルチコピー機を利用して住民票発行

店内マルチコピー機で行政サービスを行うセブン-イレブン  [拡大する]

店内マルチコピー機で行政サービスを行うセブン-イレブン 

■その他の写真ニュースはこちら

 セブン-イレブン・ジャパンは21日、コンビニエンスストアで初めてとなる、本格的な行政サービスを開始すると発表した。店内のマルチコピー機を利用して住民票や印鑑登録証明書の発行を行うというもので、2010年2月2日より東京・千葉の6店舗で試験的に導入。3月以降に首都圏で、5月以降は全国で順次導入を進める。

 同サービスは、店舗に設置されている新型マルチコピー機のリーダライターに住民基本台帳カード(住基カード)をかざし、本人認証の上で各種証明書などを発行するというもの。コピー機のコインキットに交付手数料を投入すると、『住民票の写し』や『印鑑登録証明書』がプリントアウトされる。利用時間は午前6時30分から午後11時まで。年末年始(12月29日〜1月3日)を除き、土日祝日も発行が可能となる。

 行政サービスのコンビニ展開については、2008年春より総務省や地方自治体等と検討を重ねていた。同社は「より一層の利便性向上が期待できる」と新サービスに自信をみせており、「『住民票の写し』等以外の各種証明書発行についても検討・準備を進めていく」としている。

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について