レオ様&渡辺謙の2ショットに2000人が熱狂 映画『インセプション』ジャパンプレミア

渡辺謙(左)とレオナルド・ディカプリオの2ショットが実現 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

渡辺謙(左)とレオナルド・ディカプリオの2ショットが実現 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 米俳優レオナルド・ディカプリオと俳優の渡辺謙が20日、東京・六本木ヒルズ・アリーナ広場で開催された映画『インセプション』のジャパンプレミアイベントに揃って登場した。ハリウッドスターの来場をイベント招待客約1000人と見物客約1000人、テレビカメラ35台、スチールカメラ85台、記者約90人が歓迎し、渡辺は妻で女優の南果歩を伴って会場に到着。ディカプリオは約3年半ぶりとなる日本のファンとの交流イベントということもあり、30分以上をかけてファンサービスやテレビのインタビューに応じた。

 ディカプリオは3月に主演映画『シャッター アイランド』のPRで来日して以来となるスピード再来日で、公式に日本を訪れるのは8度目のこと。同作は渡辺にとって『ラスト サムライ』(エドワード・ズウィック監督、2003年)から数えて7作目のハリウッド出演作品となる。

 同作は『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督のオリジナル脚本によるアクション・エンターテインメント超大作。この世で最も価値のあるもの<アイデア> を巡り、夢の中で繰り広げられる次世代型の犯罪を描く。主演のディカプリオは人の潜在意識の奥底へ浸入し、人のアイデアを盗み出すスペシャリスト、コブ役を演じる。一方、渡辺は、コブに半ば強制的に仕事を依頼する強大な影響力を持った巨大企業のトップ、サイトー役で、ほぼ出ずっぱりの重要な役を担っている。

 16日より全米公開され、オープニング3日間で6040万ドルを稼ぎ、週末の興行収入ランキングでは初登場1位の好スタートを記録。『マトリックス』以来ともいえる斬新な映像、オリジナル作品ならでは衝撃的な結末などが、全米の映画ファンの話題をさらい、リピーターが続出しているという。日本でも16日から3日間、一部の劇場で先行上映された。23日(金)より全国公開。


⇒ 映画『インセプション』日本向け特別予告編へ


◆関連ニュース 最新映画情報映画インタビュー

タグ

オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について