西田敏行が被災者にエール 「もしもピアノが弾けたなら」アカペラで披露

埼玉県加須市の旧騎西高校を訪れ、福島県双葉町からの被災者を励ました西田敏行  [拡大する]

埼玉県加須市の旧騎西高校を訪れ、福島県双葉町からの被災者を励ました西田敏行 

 俳優の西田敏行が26日、福島県双葉町からの被災者約1000人が生活している埼玉県加須市の旧騎西高校を訪れ、リクエストに応えて自身の大ヒット曲「もしもピアノが弾けたなら」をアカペラで披露した。福島県郡山市出身の西田は、「自分が福島の出身と胸を張って言えるのは本当に幸せなこと。俳優としての自分があるのは、福島という場所が豊かな心を育んでくれたおかげ。皆さんも今は大変かもしれないけど、必ず双葉町に戻れる日がくると信じてがんばりましょう」と人々を励ました。

 西田は、東日本大震災で甚大な被害を受けた「東北に映画を届けよう」と、各ボランティア団体が集まって始動したプロジェクト「シネマエール東北」に共感。この日、同所で行われた無料上映会に参加し、自らデザインしたTシャツとポロシャツ計1400枚を配ったほか、ラーメン約700食を昼食として振舞った。上映会では、子どもたち含め約60人が映画ドラえもん『のび太の恐竜2006』を鑑賞した。

 同日、午後には同所からほど近い「109シネマズ菖蒲」で、公開中の映画『星守る犬』に希望者約70人を無料招待した。同作は西田演じる主人公が愛犬ハッピーとともにいわき市、松島市、石巻市、遠野市を経て北海道に辿りつくまでの道のりを描いたロードムービー。上映終了後、西田は観客の前であいさつし、「人間は愛し愛される、そんな環境であれば幸せであると、この映画を通じて感じることができると思います。この映画には美しい三陸の景色や、いわきの海など、震災前の素晴らしい景色が映っています。ハッピーと海で遊ぶシーンは、いわき市の永崎海岸で撮影をしました。内陸育ちの自分が生まれて初めて見た海がその永崎海岸でした」と故郷への想いに声を震わせていた。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


オリコン日本顧客満足度ランキング 自動車保険

オリコン日本顧客満足度ランキング 英会話スクール

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について